Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

マクガフの空回りが逆転劇の呼び水に。
第1戦 オリックス 4-3 ヤクルト

posted2021/12/02 07:03

 
マクガフの空回りが逆転劇の呼び水に。第1戦 オリックス 4-3 ヤクルト<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

9回裏、無死一、二塁から吉田正(右から2番目)が初球を捉え決着、手荒い祝福を受ける

text by

宮本慎也

宮本慎也Shinya Miyamoto

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 リーグ優勝チーム同士のシリーズ。初戦は「がっぷり四つ」と呼ぶにふさわしい好ゲームでした。9回無死満塁で同点打を放った宗佑磨は、バットのヘッドを落として低めのスプリットを拾う巧打。吉田正尚のサヨナラ打は、甘く入った直球を1球で完璧に仕留める流石のバッティングでした。

 しかし、ヤクルト優勢がなぜ一気に形勢逆転したかと言えば、抑えであるマクガフの“独り相撲”という他ありません。宗までの3人に対する投球が勝負を分けました。

 先頭の紅林弘太郎に対しては、簡単に追い込みながら、5球目に突如クイックで投球し、バランスを崩し外角に大きく外れて3ボール。ストライクゾーンに投げざるを得なくなり、ライト前に運ばれました。打者のタイミングをずらそうという工夫でしょうが、その気合が空回りした印象です。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 909文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

東京ヤクルトスワローズ
スコット・マクガフ
オリックス・バファローズ
アダム・ジョーンズ
宗佑磨
吉田正尚

プロ野球の前後の記事

ページトップ