箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

全日本“区間12位”でも箱根連覇に欠かせない? 駒澤大“唯一の4年生”、下級生活躍の裏での葛藤と献身「口惜しくなかった4年生はいない」 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byAFLO

posted2021/11/09 11:03

全日本“区間12位”でも箱根連覇に欠かせない? 駒澤大“唯一の4年生”、下級生活躍の裏での葛藤と献身「口惜しくなかった4年生はいない」<Number Web> photograph by AFLO

“箱根の前哨戦”全日本大学駅伝で優勝した駒澤大唯一の4年生ランナーとして出場した佃康平

「崩れない」駒澤を支えているもの

 箱根に向けて、佃は吹っ切ったように話す。

「今、自分を含めて競技を続けている4年生は4人しかいないんですけど、彼らのためにもという思いはあります。今度の箱根は自分たちが4年生として挑む最後の箱根なので、下級生にばかり頼るのではなく、4年間の努力の成果を後輩たちに結果で示したい。それが一番、自分がこの4年間続けられた大きな意味になると思うので」

 目標にするのは、前回唯一の4年生として3区を走った小林歩の活躍だろうか。区間2位の走りで序盤につまずいたチームを立て直し、優勝争いができる3位の位置までチーム順位を押し上げた。たとえ人数は少なくとも、最上級生にできることはきっと多くあるはずだ。

 箱根に向けての抱負を訊くと、佃は力強くこう言った。

「前回走った8区か、5区。登りは得意ですし、粘れると思うので、そこを走れるように今、練習を頑張ってます」

 故障者が相次いでも崩れない。昨年来の駒澤大の強さは案外、影の薄い4年生が支えているのかもしれない。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
佃康平
駒澤大学
田澤廉
大八木弘明

陸上の前後の記事

ページトップ