SCORE CARDBACK NUMBER

長友佑都、11年ぶりの古巣復帰。尽きぬ“世界一”への向上心。

posted2021/09/25 07:00

 
長友佑都、11年ぶりの古巣復帰。尽きぬ“世界一”への向上心。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

セレモニー後の入団会見では来季の優勝にも言及。「世界基準のメンタルや準備力を後輩に伝えたい」と語った

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 マルセイユを退団してフリーになっていた長友佑都が、実に11年ぶりにFC東京に戻ってきた。

 背番号は「50」。日本代表でもずっと身につけている「5」に原点回帰の意味合いで「0」を付け加えたという。9月12日の柏レイソル戦後には愛着ある味の素スタジアムで復帰セレモニーが用意された。

「11年前を振り返っても相当な野心があったと思うんですけど、今それ以上の野心と情熱に溢れています」

 南アフリカワールドカップでの活躍を受けてイタリアに渡る際、サポーターを前に同じ場所で“野心”を口にした。それが「世界一のサイドバックになる」だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 624文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

長友佑都
FC東京
ハビエル・サネッティ

Jリーグの前後の記事

ページトップ