Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[日本競泳陣、パリの主役たち]池江璃花子/本多灯/佐藤翔馬「3年後へのスタートライン」

posted2021/08/14 07:01

 
[日本競泳陣、パリの主役たち]池江璃花子/本多灯/佐藤翔馬「3年後へのスタートライン」<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

女子4×100mメドレーリレーは8位。「決勝の舞台で泳げて幸せ」と笑顔に

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto/JMPA

日本競泳陣のメダル獲得はシドニー大会から連続6大会に伸ばした。一方、メダル総数は3、入賞も1桁台という厳しい結果に。それでも彼らは前を向いている。次なる大舞台で輝くために――。

 メダルは金2、銀1。入賞はわずか9。自己ベストを出した選手も少なく、目標からも期待からもかけ離れた結果に終わった日本競泳陣だが、すでに次のパリ五輪を見据えている若手は多い。

 8月1日の競泳最終日。東京アクアティクスセンターには、白血病を克服し、「運命」と言い表した東京五輪の舞台で感涙する池江璃花子の姿があった。

 競泳日程の初日だった7月24日の女子4×100mフリーリレー予選から始まり、同29日の混合4×100mメドレーリレー予選、同30日の女子4×100mメドレーリレー予選、そして最終日の同決勝。計3種目4レースを泳ぎ切った池江の目から涙があふれた。

「一度は諦めた東京五輪でしたが、しっかり決勝の舞台でみんなで泳ぐことができたのは本当にうれしかった。観客席の仲間の思いも背負って泳ぎました」

 各選手の持ちタイムから、決勝進出は難しいかもしれないと見られていた中、予選を6位で通過して臨んだ決勝のレース。池江は第3泳者としてバタフライを任され、引き継ぎタイムは57秒92。予選よりタイムをやや落としたが、思いの丈はすべてぶつけた。

「この数年間は本当につらかった。人生のどん底に突き落とされて、ここまで戻ってくるのはすごく大変だった。けれども、この舞台に戻って来られた。決勝の舞台で泳げたのはすごく大きなこと。自分自身に誇りを持っていけると思います」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1818文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

東京五輪激闘録。

Sports Graphic Number 1033・1034

東京五輪激闘録。

 

関連記事

池江璃花子
本多灯
佐藤翔馬
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ