オリンピックPRESSBACK NUMBER

目の前で“田中希実が日本新記録ゴール”から1年…26歳卜部蘭が「五輪で結果を出すこと」にこだわる理由 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2021/06/25 11:00

目の前で“田中希実が日本新記録ゴール”から1年…26歳卜部蘭が「五輪で結果を出すこと」にこだわる理由<Number Web> photograph by Asami Enomoto

24日から開幕する日本選手権で東京五輪出場を懸けたレースに臨む卜部蘭さん(26)

「日本選手権での目標は1500mの優勝です。自己ベストを更新し、目標を達成して、五輪に繋げていきたいと思っています」

「言葉の重みもオリンピアンと普通の選手では……」

 卜部が今回、結果とタイムにこだわっているのは、もちろん東京五輪に出場するためだが、その先の自分のゴールに向かっての歩みにも影響してくるからだ。

「中距離をずっとやってきたので、その発展に貢献したいんです。1500mを多くの人に知っていただいて、楽しむ人を増やしていきたいですね。そのためには結果とタイムが必要ですし、言葉の重みもオリンピアンと普通の選手では競技を知らない人からすると大きく違うと思うんです。だからこそ五輪に出て、結果を出したいですね」

 チームにはすでに10000mで東京五輪出場を決めており、卜部が「自分が見てきていないものを見ている」と尊敬する新谷仁美がいる。また、同じ1500mには男子として57年ぶりになる五輪出場を狙う館澤亨次がいる。卜部と館澤の奮闘次第で、TWOLAPSから3名のオリンピアンが出る可能性がある。それが実現すると、日本の陸上界に風穴を開ける快挙になり、競技者の在り方にも一石を投じることになるだろう。

 変化は、小さな一手による大きなひび割れから起こるものだ。

 2年間、ラストのスピードを高める努力をし続けた。10カ月前、目の前で日本記録を出された悔しさは忘れてはいない。あれから今は「誰かのために」という強い思いを持って走れるようになった。成長した卜部は、4分04秒20の壁を越える力を身に付けているはずだ。

「蘭ちゃん、1500いけるよ、優勝できるよ!」

 横田の声掛けが、聞こえてきそうだ。

(【続きを読む】26歳“現役ランナー”卜部蘭が語る、性的画像の難しさ「鍛えられた肉体美は“知ってもらうきっかけ”にもなる」へ)

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
卜部蘭
TWOLAPS
積水化学工業
田中希実
横田真人
新谷仁美
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ