審判だけが知っているBACK NUMBER

<私が裁いた名勝負>あの瞬間の雄叫びは、一生忘れないよ。 

text by

マルコ・グイディ

マルコ・グイディMarco Guidi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2021/06/14 07:00

<私が裁いた名勝負>あの瞬間の雄叫びは、一生忘れないよ。<Number Web> photograph by Getty Images

ピエルルイジ・コッリーナ氏

語り継がれる名勝負をその演者のひとり、審判が振り返る。彼しか知らない新たな景色が見えてくる。

1999年 チャンピオンズリーグ 決勝
5月26日/カンプノウ
マンチェスター・U 2対1 バイエルン

キーンら中盤の要を欠くマンチェスター・Uに対し、バイエルンは序盤からリズムをつかみ先制。後半にもチャンスを重ねるが追加点を奪えない。終盤、マンUがカードを切って攻勢に出ると、90分を過ぎて同点。さらに逆転弾を叩き込み国内リーグ、カップとの三冠を達成した。

   ◇

 あの信じがたい結末に終わった1999年のチャンピオンズリーグ決勝は、私が初めて主要国際大会の決勝で主審を任された試合だった。バルセロナの本拠地カンプノウで笛を吹く機会は、同じシーズンにグループステージのバルセロナ対バイエルンで初めて得ていたが、その時はファイナルでも指名されるとは思ってもみなかった。このグループゲームも1点を争う好試合となり、終盤にバイエルンが逆転して勝利を収めた。だが、私にとって2度目のカンプノウでは、本当の奇跡が起こった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1402文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ピエルルイジ・コッリーナ
マンチェスター・ユナイテッド
バイエルン
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ