野球善哉BACK NUMBER

野球の定説「ストレートは低め」も時代遅れ? 「今日が人生最後の試合でもいい」なんて言わないイマドキの高校生投手たち

posted2021/04/16 17:03

 
野球の定説「ストレートは低め」も時代遅れ? 「今日が人生最後の試合でもいい」なんて言わないイマドキの高校生投手たち<Number Web> photograph by JIJI PRESS

力投する中京大中京高の畔柳享丞投手。畔柳いわく「ストレートは高めを効果的に使っていくようにしました」

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

 ついに、こう発言する球児が現れたか。

 2年ぶりに開催が実現したセンバツ、東海大相模が10年ぶり3度目の優勝を果たした。エース・石田隼都は全試合に登板して無失点。先発したのは2試合のみだが、存在感を見せつけた快投劇だった。

 この石田に代表されるように、今大会は投手陣の活躍が光った。なかでも、準決勝を脇腹痛で回避した天理の193cm右腕・達孝太のピッチングとその思考には高校生が新しいフィールドに足を踏み入れ始めたことを感じずにいられなかった。

「今日が野球人生の最後になってもいい」とは言わない

 達は準決勝後のリモート取材で、登板なく敗退したことをこう振り返ったのだ。

「今日1日だけでよければ投げられました。でも、僕は長く野球をやりたい。メジャーリーグを目指しているので、(無理して)頑張るのはこの試合じゃないと思いました」

 センバツ優勝を前にして登板を回避。その思いの一つに「将来」を語る高校球児がいる。「目の前の試合を全力で」「今日が野球人生の最後になってもいい」。かつての球児が口にしたような熱量優先の発想は今の高校球児には合わないのかもしれない。

 もっとも、将来のメジャーリーグ挑戦を掲げる達は、憧れだけで未来を語っているのではない。メジャーリーグという目標を捉え、海の向こうで展開されている野球がどのようなものか、メジャーで活躍する投手がどのようなピッチングをしているか、情報をつぶさに取り入れて、自身のピッチングにも生かしている。

「目標は、ダルビッシュ有(パドレス)さん、マックス・シャーザー(ナショナルズ)、トレバー・バウアー(ドジャース)です」

 目標に掲げた選手、それぞれのスタイルを熟知している。同じ日本人であるダルビッシュの思考を参考にしつつ、シャーザーからは投球フォームの力感、バウアーからはピッチデザインを取り入れるべく本気で取り組んでいるのだ。

「空振りを取るフォーク」と「カウントを取るフォーク」

 シーズンオフには親に頼み込んで、投球の回転数などを計測する機器・ラプソードを購入。最近流行になっているピッチデザインの書籍を読みあさっては、新しいピッチングを手にしてきた。

【次ページ】 「空振りを取るフォーク」と「カウントを取るフォーク」

1 2 3 4 NEXT
天理高校
達孝太
東海大相模高校
石田隼都
中京大中京高校
畔柳享丞
市立和歌山高校
小園健太

高校野球の前後の記事

ページトップ