Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

菅野智之「日本一に必要なもの? 僕以外のピッチャーじゃないですか」~エースのもう1年~

posted2021/04/08 07:00

 
菅野智之「日本一に必要なもの? 僕以外のピッチャーじゃないですか」~エースのもう1年~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

昨季は開幕から13連勝と圧倒的な力を見せつけた右腕。メジャーの夢を追いながらも今季は巨人残留を選んだ。日本球界に残った理由、新シーズンへ秘めた決意――。誰もが認める「背番号18」が胸襟を開き語り尽くした。

――このオフはメジャー移籍を模索しながら、最終的には日本でのプレーを選択しました。日本でやるという決断の中で、ポジティブな理由はどこにあったでしょうか?

「現段階で僕が向こうでやることよりも、日本でやる意味、価値の方が自分の中では高いんじゃないかなって思ったことですね。もちろんいい条件であったり、いい環境が整って、向こうでやることを大前提に(ポスティングの)宣言はしました。ただ、正直、去年は日本一になれなかったですし、僕がメジャーで投げて活躍して、自分だけ幸せということよりも、僕が日本で投げて喜んでくれる人が沢山いるんじゃないかという……そこに自分の価値観はあります」

――去年日本一になれなかったことが、もう1年日本でやる決断のきっかけですか?

「多少なりとも影響はしました。ただ、もし日本シリーズで優勝できなかったとしても、僕が投げた試合で凄くいいピッチングをしていたら、それが日本で最後の登板だったとしたら……だとしたら、もしかしたら行っていたかもしれないですね」

――不完全燃焼だった?

「寂しさを感じましたよね。『ああこれが日本で最後の登板になっちゃうのかな』って。自分の中ではシーズンで防御率も1点台で、最多勝もMVPもとれた。昨シーズンは納得のできる、満足いくものでした。でも、最後の登板には『このまま終わっていいのか……』って引っかかるものがありました。だから日本シリーズの第4戦では、第5戦の先発が決まっていましたけど、自分から(原辰徳)監督に『1イニング、2イニングだったら投げられます。必要でしたら投げさせてください』って伝えたわけです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3876文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

20年目の原巨人

Sports Graphic Number 1024

20年目の原巨人

 

読売ジャイアンツ
菅野智之
原辰徳
桑田真澄
大城卓三
福岡ソフトバンクホークス
栗原陵矢

プロ野球の前後の記事

ページトップ