Number on NumberBACK NUMBER

佐々木朗希と長身投手 ~190cm以上のローテーション投手は稀?~

posted2021/04/09 07:00

 
佐々木朗希と長身投手 ~190cm以上のローテーション投手は稀?~<Number Web> photograph by JIJI PRESS

4月2日、イースタン・リーグのヤクルト戦に登板した佐々木朗希は2回を無失点に抑えた

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

 ロッテの佐々木朗希投手がプロ2年目のオープン戦で初めて登板、持ち前の速球の球威を披露した。初登板となった3月12日の中日戦では打者3人に対して12球を投げて三者凡退に抑えた。最速は153kmだったが、ダヤン・ビシエドに対して、すべて速球で6球を投げて三振を奪ったのは見事だった。2度目の登板となったDeNAとの練習試合では、2回2安打2四球で2点を取られたが、内野安打をきっかけに押し出し四球など、セットポジションからの制球に課題を残した投球だった。開幕から一軍で投げる計画はないということだが、二軍で登板したあと、タイミングを見て一軍で投げることになりそうだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1834文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

20年目の原巨人

Sports Graphic Number 1024

20年目の原巨人

 

佐々木朗希
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ