セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

アズーリ3連勝でEUROに弾み<優勝ダークホースに> W杯予選敗退で「世界の破滅」から4年、まだ傷は残るが…

posted2021/04/06 11:02

 
アズーリ3連勝でEUROに弾み<優勝ダークホースに> W杯予選敗退で「世界の破滅」から4年、まだ傷は残るが…  <Number Web> photograph by Getty Images

悪夢のW杯予選敗退から4年。アズーリは再生の一歩をしるした

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

「Vincere aiuta a vincere.」

 カルチョの国には「勝利は勝利を呼ぶ」という格言がある。

 3月25日に始まったカタールW杯欧州予選で、イタリア代表が3連勝で好発進した。

 ロベルト・マンチーニ監督は2018年9月から続く連続無敗記録を「25」に伸ばし、名将マルチェロ・リッピの持つ歴代2位の記録に肩を並べた。

 イタリアは、6月に開幕を控えるEURO2020(大会は1年延期で開催)の予選でも、FIFA世界ランク1位のベルギーと並んで予選10戦全勝を達成しており、成績だけを見れば勇ましい数字が並ぶ。

 だが、上々の滑り出しにもかかわらず、イタリア代表の指揮官にも選手たちにも笑顔はない。むしろ、彼らのプレーや言葉からは悲壮感を伴った決意の方が伝わってくる。

キエッリーニ「絶対に、絶対に失敗できない」

 代表キャップ106を数えるベテランDFジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)は初戦前夜に語った。

「今度の予選では絶対に、絶対に失敗できない」

 イタリア代表は、前回大会では予選プレーオフに敗れ、本戦出場を逃している。当時のFIGC(伊サッカー連盟)カルロ・タベッキオ会長が「世界の破滅だ」と嘆き、60年ぶりの屈辱にまみれた2017年11月13日。

 あの日から、アズーリの時計は止まったままだ。

 もちろん、3年半の間にイタリア代表が何もしなかったわけではない。彼らは地に足を着けて、捲土重来の道を探ってきた。

 2018年5月に新代表監督としてマンチーニを迎え、同年秋にはFIGCのトップも入れ替わった。

 UEFAネイションズ・リーグ第1回大会(2018-19年)はグループリーグ止まりだったが、指揮官の攻撃志向がチームに根付いた2020-21年シーズンの第2回大会では、スペイン、フランス、ベルギーらと上位4カ国によるファイナルズ進出を決めている。

【次ページ】 W杯出場を逃した傷は埋まらない

1 2 3 4 NEXT
ロベルト・マンチーニ
ロレンツォ・インシーニエ
カタールW杯

海外サッカーの前後の記事

ページトップ