Number ExBACK NUMBER

「三塁ベースはボクの恋人です」巨人・原監督は、“後継”サードに誰を指名してきた? 江藤、小笠原、村田、岡本…  

text by

齋藤裕(Number編集部)

齋藤裕(Number編集部)Yuu Saitou

PROFILE

photograph byKYODO

posted2021/04/06 17:10

「三塁ベースはボクの恋人です」巨人・原監督は、“後継”サードに誰を指名してきた? 江藤、小笠原、村田、岡本…  <Number Web> photograph by KYODO

2011年12月、横浜(現DeNA)から巨人にFA移籍をした村田(右)。会見では原監督に「打点100をねらうそうです!ホームラン30本ねらうそうです!」とハッパをかけられた

(3)第2次原政権後期(11年~15年)あの男に“帰宅命令”も…

 ・第2次原政権後期(11年~15年)

 11年 古城茂幸/亀井善行
 12年~15年 村田修一

 第2次原政権後期5年間はサードには苦労の色がにじむ。11年は小笠原を負担軽減のため一塁に固定し、ホットコーナーは戦国時代に突入した。開幕戦はライアルがスタメンに名を連ねるも定着せず、古城茂幸と亀井善行(2012年まで登録名・義行)をそれぞれ32試合でスタメン起用し、困ったときに頼れる2人を中心に乗り切った。

 12年には横浜(現DeNA)から村田修一を獲得。これまでも外から巨人の三塁にふさわしい人材を求めてきたが、原はその誰よりも同じ福岡出身、右打者、そして4番を任された村田に厳しく接したと言っていいだろう。

 12年9月7日には優勝争いをするチームにあって第1打席三振、第2打席ゲッツーと一人アウトを量産する男に下ったのは2回裏の守備に入るタイミングでの選手交代かつ“帰宅命令”。終わってみれば打率.252、12本塁打、58打点の村田を64試合4番に据えながら、チームは日本一に。チームの浮沈を握っていたように思えた巨人のホットコーナーだが、12年は4番三塁が不調でも原巨人は頂点に立ってみせた。その強さと余裕が村田の不振によって余計に際立つ。といっても、村田は翌13年8月に月間46本のヒットを集めるセ・リーグ新記録を達成し、シーズン打率も3割超え。そして13年オフには生え抜き以外では初となる選手会長にまで上り詰めた。

 この5年間を振り返ると、原巨人はホットコーナーに苦労しながらも、村田を教え諭し我慢し、かつ起用し続けられる余裕があった。しかし15年第2次原政権の最終シーズンは34歳となった村田が絶不調でチームも2位。実は15年終盤にはこの年1年目の岡本和真をスタメンサードとして11試合に起用。そうやって次世代のサードを探し求めるさなかに、原監督は再び退任となる。

【次ページ】 (4)第3次原政権(19年~)岡本の開花

BACK 1 2 3 4 NEXT
原辰徳
江藤智
小笠原道大
村田修一
岡本和真
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ