競馬PRESSBACK NUMBER

ダノンスマッシュ&レッドルゼル、2頭の善戦に安田隆行師が涙 「ムーアが褒めてくれた。誇りにしたい」 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2021/04/02 17:01

ダノンスマッシュ&レッドルゼル、2頭の善戦に安田隆行師が涙 「ムーアが褒めてくれた。誇りにしたい」<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

高松宮記念を制し、国内GI初制覇を成し遂げた安田隆行厩舎のダノンスマッシュ

「レシステンシアに外を閉められたら終わりでした」

 道中は前にレシステンシア、内にインディチャンプを見る位置で進めた。

「レース前の打ち合わせでうちの調教助手が『状態は良いので出して行くと掛かる恐れがある』と言っていました。それを鞍上が理解していたので無理に押して行く事はせず、あのポジションになったのだと思いました」

 4コーナーでは「厳しいか」と感じたと言う。しかし直線へ向き、セイウンコウセイとレシステンシアの間隙を割るシーンが目に飛び込んだ。ここが勝負のポイントだったと調教師は語る。

「レシステンシアに外を閉められたら終わりでした。最後の着差を考えると、あそこから下げて外へ出している余裕はありませんでしたからね……。一瞬の隙を突いて伸びる時の脚が速かった。勝負の分かれ目でしたね」

 馬群を割ると一完歩ごとに力強く伸びた。最後はダノンスマッシュとレシステンシア、インディチャンプの上位人気馬3頭が並んでゴールに飛び込んだ。その差はそれぞれクビとクビ。接戦ではあったが、ダノンスマッシュが父ロードカナロアとの親子制覇を果たしたのがはっきりと分かるゴールだった。

不安要素のある中での勝利には涙が

「調教師室にあるテレビで見ていました。僅差だったけど、真横からのアングルを流してくれていたので勝っているのがすぐに分かりました」

 改めてこのGI勝ちを振り返ってもらうと、声を震わせて言った。

「感無量でした。前走の香港で勝った時はコロナ禍という事もあり、現地へ行けず日本でテレビ観戦をしていました。もちろん嬉しかったけど、やはり目の前で勝つシーンに立ち会うと感動が違いました。とくに今回は雨で不安のある中での強い勝ち方だったので、自然と涙が溢れてきました」

 こうしてついにダノンスマッシュは国内のGIも制覇した。これが安田調教師にとっては今年14勝目となるJRAでの勝利。高松宮記念の行われた3月28日現在で、リーディングトレーナーに立った矢作芳人調教師との勝ち星の差は2つ。全国リーディング3位となる成績だが、この数字に反映されない活躍を高松宮記念の前夜にしてみせた。

【次ページ】 世界的な名手の誉め言葉を「誇りにしたいですね」

BACK 1 2 3 4 NEXT
安田隆行
ダノンスマッシュ
レッドルゼル
ロードカナロア
ライアン・ムーア

競馬の前後の記事

ページトップ