SCORE CARDBACK NUMBER

“獲物”を求め肉食系に進化中。走る神戸がJ戦線をかき乱す?!

posted2021/04/03 07:00

 
“獲物”を求め肉食系に進化中。走る神戸がJ戦線をかき乱す?!<Number Web> photograph by J.LEAGUE

札幌戦では山口(左)、中坂勇哉(右)らが中盤で猛チャージをかけ、0-3から一気に4得点する逆転劇を演じた

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 これまでとは一味も二味も違う。巻き返しを狙い、体質改善を試みたヴィッセル神戸だ。

 昨季は下位に低迷。弱点は守備にあった。総失点59は下から4番目。攻めから守りに転じると、草食動物のようにおとなしくなった。

 だが、今季は獲物(ボール)を求めてガツガツ行く。肉食系へ様変わりだ。実際、切り換えや球際など、守備の強度が格段に上がった。

 好例はスプリント回数だ。昨季の数字を見ると、185回以上を記録した試合は1分け8敗。走らされると、ほぼ勝ち目がなかった。

 逆に今季はスプリント回数が増えるほど強い。190回以上を記録した試合は5戦負けなし。各々の走力がむしろ、強みになっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 586文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

20年目の原巨人

Sports Graphic Number 1024

20年目の原巨人

 

関連記事

ヴィッセル神戸
古橋亨梧
山口蛍
三浦淳寛

Jリーグの前後の記事

ページトップ