酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

菅野智之“NPB初の年俸10億円”だとしても…イチロー“初5億円超え”以降広がる「経済格差問題」とは

posted2021/01/13 11:01

 
菅野智之“NPB初の年俸10億円”だとしても…イチロー“初5億円超え”以降広がる「経済格差問題」とは<Number Web> photograph by JIJI PRESS

2021年の年俸が推定5億7000万円と報じられる柳田悠岐(左)と、巨人残留の菅野智之。果たして菅野は“10億円プレイヤー”となるのか

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

 元日にアメリカに渡った巨人の菅野智之だが、MLBとの契約を果たすことができなかった。巨人には朗報ではあるが、菅野にとっては思うところがあるだろう。

 菅野の代理人は、2019年西武からマリナーズに移籍した菊池雄星と同じ4年5600万ドル程度を希望したようだが、応じた球団はなかった。菅野の実績を考えれば法外な額とは言えないが、新型コロナ禍で未曽有の混乱の中にあるMLBは、新戦力として菅野を獲得する余裕はなかったのだ。

 アメリカの報道では、巨人は菅野に対し4年4000万ドル程度の提示をしたという。その上、菅野の意思で年度ごとに契約を打ち切ることができるオプトアウトの条項が付帯された、とも。

 巨人の破格の条件提示もあって、菅野は思い直したとされる。その後の報道では、菅野は「1年契約」を希望したともされている。

 情報を総合すれば、今季、巨人に残留する菅野は1000万ドル程度の年俸を手にすることになりそうだ。1000万ドルと言えば、ざっと10億円。これはNPB史上最高年俸だ。

5億円超の名選手たち、成績を見てみると

 報道において5億円以上の年俸で更改したとされるNPBの日本人選手は、2021年1月時点で延べ33人いる。年を追って彼らの成績を見てみよう。※はMLB移籍の前年、◎はMLBから復帰した年で、成績のカッコは打者が打率順位、投手が防御率順位(それぞれ規定打席、規定投球回以上のみが対象)である。

2000年 イチロー 5億3000万円(オリックス)27歳※
105試395打153安12本73点21盗 率.387(1)
2002年 松井秀喜 6億1000万円(巨人)28歳※
140試500打167安50本107点3盗 率.334(2) MVP
2002年 中村紀洋 5億円(近鉄)29歳
140試511打150安42本115点2盗 率.294(9)
2003年 中村紀洋 5億円(近鉄)30歳
117試381打90安23本67点1盗 率.236(30)
2004年 佐々木主浩 6億5000万円(横浜)36歳◎
25試1勝2敗19SV22.2回 率3.18
2004年 中村紀洋 5億円(近鉄)31歳※
105試387打106安19本66点0盗 率.274(27)
2005年 佐々木主浩 6億5000万円(横浜)37歳
9試0勝3敗4SV 6回 率9.00
2005年 城島健司 5億円(ソフトバンク)29歳※
116試411打127安24本57点3盗 率.309(7)

日本初の5億円はイチロー、続くは松井

 NPB最初の5億円プレイヤーは2000年のイチローの5億3000万円だ。イチローが翌年にMLBに移籍すると2002年に松井秀喜が6億1000万円でイチローの記録を更新する。しかし松井も翌年にはMLBに移籍した。

【次ページ】 MLBから復帰の佐々木は6億5000万円

1 2 3 4 NEXT
菅野智之
読売ジャイアンツ
イチロー
松井秀喜
松中信彦
佐々木主浩
中村紀洋
城島健司
金本知憲
ダルビッシュ有
阿部慎之助
杉内俊哉
黒田博樹
金子千尋
柳田悠岐
坂本勇人

プロ野球の前後の記事

ページトップ