“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

選手権決勝は110分激闘&PK決着「ストップ・ザ・青森山田」を達成した山梨学院の2つの狙い

posted2021/01/12 11:03

 
選手権決勝は110分激闘&PK決着「ストップ・ザ・青森山田」を達成した山梨学院の2つの狙い<Number Web> photograph by Naoki Nishimura/AFLO SPORT

山梨学院が2度目の選手権制覇を達成。PK戦までもつれる大熱戦だった

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Naoki Nishimura/AFLO SPORT

 決勝戦にふさわしい110分間の激闘――。

 11年前と同じカードとなった第99回全国高校サッカー選手権大会決勝・山梨学院vs青森山田の一戦は、2-2のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に山梨学院が同校として2度目の優勝を飾った。

 息をもつかせぬ攻防は、両校の指揮官による緻密なチームづくりの集大成とも言える戦いだった。

「今年の青森山田は総合力が高い。日本で一番いいチームの強固な組織をどうやって揺らがせるか。考えたのはキーマンである藤原優大選手をどう抑え込むか。(最終ラインにいる)彼がボールを持ち出して対角線上や前線に当てたり、裏を狙うロングパスを供給する。そのボールの出所を遮断できれば相手の攻撃のリズムを消せるし、(主将でもある)藤原選手が動揺することでチーム全体が揺らぐと思った」

「青森山田包囲網」のために多くのチームが松木玖生や大会得点王に輝いた安斎颯馬の2シャドーを警戒すべきキーマンに挙げる。だが、山梨学院の長谷川大監督はボールの出発点に目をつけた。2トップの一角であるFW久保壮輝にDF藤原のマンマークというタスクを与えたのだ。

 長谷川監督には勝算があった。神奈川大学監督時代に対峙した関東リーグの対早稲田大戦、ビルドアップの中心だった早大CB鈴木準弥(現・ブラウブリッツ秋田)にマンマークをつけてボールの出所を遮断したことがあった。試合は引き分けたが、狙い通りに試合が進んだ経験があったのだ。

 この日の策は的中。対峙した藤原は困惑しながら試合を振り返っている。

「まさか決勝の舞台で相手がCBの僕にマンマークをつけてくるとは思わなかった。どうすればいいのか頭が回らなかった」

 どこに動いてもついてくる献身的なFW久保の存在は青森山田に大きな戸惑いを生み、藤原に自由な組み立てを許さなかった。

【次ページ】 「サイドバックの裏を狙え」

1 2 3 4 NEXT
山梨学院高校
長谷川大悟
野田武瑠
広澤灯喜
青森山田高校
黒田剛
藤原優大
安斎颯馬
松木玖生

高校サッカーの前後の記事

ページトップ