スポーツ名言セレクションBACK NUMBER

【高校サッカー怪物の名言】大迫勇也「娘も『パパ、半端ないって』」、名波浩「テーマはどう勝つか。その域に達した」

posted2021/01/11 06:00

 
【高校サッカー怪物の名言】大迫勇也「娘も『パパ、半端ないって』」、名波浩「テーマはどう勝つか。その域に達した」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

鹿児島城西時代の大迫勇也。「半端ないって」は彼の代名詞となった

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

雑誌「Sports Graphic Number」と「NumberWeb」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。今回は高校サッカーの“怪物と最強チーム”にまつわる4つの言葉です。

<名言1>
ふてぶてしく受け止められるメンタルがあったらよかったんやろけど。
(小倉隆史/Number995号 2020年1月17日発売)

◇解説◇
 愛称は、レフティ・モンスター。

 1990年代前半の高校サッカーで最も脚光を浴びたストライカーと言えば四日市中央工の小倉だ。利き足の左足から放たれる超強烈なシュートは高校生離れしたスケールの大きさで、1991年度の第70回高校サッカー選手権の主役となった。ハットトリックを達成した2回戦で小倉は腰を負傷したものの、準決勝の国見戦をPK戦の末に勝利するなど、決勝に進出。そこで待ち受けたのは帝京だった。

「イケるやろと思っていました。練習試合で完勝していたし」と小倉は当時を回想するが、実際に前評判でも“四中工有利”だった。

 だが実際に試合が始まってみれば、四中工は後半終了間際まで1-2とリードを許す展開に。この苦境を救ったのはエースの小倉だった。セットプレーから「全国大会では多分一度もない」というヘディングシュートを叩き込み2-2の同点に追いつくと、当時のレギュレーションによって史上6度目の両校優勝で幕を閉じたのだ。

 選手権によってスターダムへと駆け上った小倉。その後に待っていたのは想像もしえなかった注目度だった。いつもの学校に通う道に、女子高生が待ち受けるというのも日常茶飯事だったという。

「今から思えば、過剰に反応しちゃってましたよね。そこは反省」

 特大の才能を持つ一方で、当時の小倉はまだ多感な高校生でもあったのだ。

【次ページ】 名波「もう、勝つのは当たり前」

1 2 3 4 NEXT
大迫勇也
鹿児島城西高校
清水商業高校
名波浩
小倉隆史
四日市中央工業高校
帝京長岡高校
猪瀬康介
流通経済大柏高校

高校サッカーの前後の記事

ページトップ