スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

ダニエル・バードと奇跡のカムバック。一度引退した35歳の投手はなぜ復活できたのか?

posted2021/01/02 11:00

 
ダニエル・バードと奇跡のカムバック。一度引退した35歳の投手はなぜ復活できたのか?<Number Web> photograph by Getty Images

2020年7月17日にメジャー復帰を果たしたバード。7月25日のレンジャーズ戦に中継ぎとして登板し、7年ぶりの白星を挙げた

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 MLB.comが選ぶ2020年のカムバック賞(カムバック・プレイヤーズ・オブ・ザ・イヤー)が決まった。

 ア・リーグからはロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手(30歳)、ナ・リーグからは、ロッキーズのダニエル・バード投手(35歳)が選出された。

 トミー・ジョン手術から復活したペレスは、ずっと第一線を張りつづけてきた人だから、お馴染みの名前だろう。ただ、バードのほうは、忘れてしまった人が多いかもしれない。2005年に創設されたこの賞の過去の受賞者を振り返ってみても、こんなに地味な選手は、18年のジョニー・ヴェンタース(ブレーヴス)ぐらいしか思い出せない。

 ヴェンタースは、3度にわたるトミー・ジョン手術から復活した(これも大変なことだ)救援投手だったが、バードも、凄まじい挫折を乗り越えて戻ってきた投手だ。大まかに、その過去を振り返ってみよう。

なぜ「今年」なのか?

 バードの全盛期は、2010年から11年にかけてだった。当時の彼はレッドソックスの中継ぎエースで、10年に32ホールド、11年に34ホールドを記録した(ともにア・リーグ最多)。もっとも、このころのレッドソックスはやや勝負の詰めが甘く、2年連続で地区3位に終わっている。監督のテリー・フランコーナやGMのティオ・エプスティーンが相次いで球団を去ったのも、2011年のことだ。

 そんなバードに、なぜ今年、熱い視線が注がれたのだろうか。

 第一の理由は、2018年1月、彼が一度は完全に現役を引退していることだ。第二の理由は、2013年を最後に、彼がメジャーのマウンドにまったく登っていなかったことだ。くわしく述べる前に、再度、時をさかのぼろう。

【次ページ】順風満帆とはいかなかった「第一の野球人生」

1 2 3 NEXT
ロッキーズ
ダニエル・バード
レッドソックス

MLBの前後の記事

ページトップ