SCORE CARDBACK NUMBER

「カープを強くしたかった」石原慶幸、19年の捕手人生。

posted2020/12/31 07:00

 
「カープを強くしたかった」石原慶幸、19年の捕手人生。<Number Web> photograph by KYODO

1620試合出場は球団の捕手として史上最多。6年連続のサヨナラ打点など、記憶にも記録にも残る現役生活だった

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 カープで19年間の現役生活を終えた石原慶幸に「生まれ変わったらもう一度、キャッチャーをやりたいか」と訊いてみた。

「やりたいけど、しんどいです。でも、しんどいけどやりたい(笑)。そのあたりがキャッチャーの醍醐味なんですかね。バッターとの駆け引きにはやり甲斐がありましたから」

 石原の脳裏に刻まれた駆け引きが2年前の日本シリーズ第2戦にあった。カープが3点をリードした4回、ワンアウト一、三塁のピンチでホークスの柳田悠岐と対峙した場面、石原はクリス・ジョンソンに対してとことんインコースを要求する。

「じつは第1戦で、大瀬良(大地)と會澤(翼)のバッテリーが柳田に対してインコースへ突っ込んでいくのを見ていたんです。だから第2戦、柳田の1打席目はアウトコース中心の配球で攻めました(レフトフライ)。おそらく柳田は『今日は外を攻めてくるんだな』と思ったはずです。そこへ2打席目に徹底してインコースを要求して、ジョンソンもそれに応えてくれた。結果、空振り三振に打ち取れたというのは、してやったりという感覚がありましたね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 452文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

石原慶幸
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ