SCORE CARDBACK NUMBER

捕手4人体制のカープで 會澤翼が戦うための武器。

posted2020/09/08 07:30

 
捕手4人体制のカープで 會澤翼が戦うための武器。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

昨季は自己最多126試合で打率.277、12本塁打、63打点。今季も7月26日に満塁弾と打力で存在感を発揮している。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 多士済々である。今シーズン、浮上のきっかけを掴めずにいるカープのキャッチャーのことだ。

 一軍にはレギュラーの會澤翼(32)がいて、ベテランの石原慶幸(40)が控える。そこへ昨年は代打の切り札となった磯村嘉孝(27)が割り込み、巧さと力強さを併せ持った打てるキャッチャーとして台頭する坂倉将吾(22)も存在感を増す。さらに3年前の夏の甲子園で清原和博が持っていたホームランの大会記録を塗り替えた期待の中村奨成(21)が、プロ3年目にして初の一軍昇格を果たした。

 ベンチ入りが増えて26人に拡大されたとはいえ、キャッチャーを4人もベンチに入れているのはセではカープだけ。プレミア12で日の丸を背負って世界一に貢献した會澤でさえ、ポジションが保証されているわけではない。若い力と戦うための武器は何かと訊ねたら、會澤は言った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 568文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

藤井聡太と将棋の天才

Sports Graphic Number 1010

藤井聡太と将棋の天才

 

関連記事

広島東洋カープ
會澤翼
石原慶幸
磯村嘉孝
坂倉将吾
中村奨成

プロ野球の前後の記事

ページトップ