マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「よくもオレをクビに…」プロ野球トライアウト 由規、宮國…私がボールを受けた“6人”、戦力外通告の「その後」

posted2020/12/16 17:25

 
「よくもオレをクビに…」プロ野球トライアウト 由規、宮國…私がボールを受けた“6人”、戦力外通告の「その後」<Number Web> photograph by BUNGEISHUNJU

楽天から戦力外通告を受けた由規(31歳)

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

BUNGEISHUNJU

 “流しのブルペンキャッチャー”として全国各地、数多くのアマチュア選手を取材してきた筆者。「プロ野球トライアウト2020」では過去に自らボールを受けた“6人”がマウンドに立った。戦力外通告を受けたそれぞれのピッチャーが“プロ入り前”に語っていたこととは――。

 この日8人目の投手として、元楽天・佐藤由規がシートバッティングのマウンドに上がった時、私の思いは、いっぺんに13年前の仙台育英高校のブルペンに飛んでいた。

 神宮球場で行われた今年の「12球団合同トライアウト」。

 エントリーした33人の投手の中に、アマチュア時代、ブルペンでその全力投球を受けた投手たちが6人……来季以降の「プロ野球生活」を賭けて、渾身のピッチングを披露した。

【1】由規(元楽天)が「高校No.1右腕」だったころ

 13年前の仙台育英時代、由規は、すでに「高校No.1右腕」と言われていた。甲子園で150キロ台を連発して、それでも智弁学園に打ち崩されて敗れた試合。1球投げてはスコアボードを振り返り、スピードを確かめていた。

 スピードガンと勝負しちゃ、打者と勝負にはならない。“数字”の裏付けが欲しかったのか……あんなにすごいボールを投げられるのに、どこか自分自身を信用していないような所がじれったかった。

「身体能力も野球の上手さも、弟のほうがぜんぜん上なんで……自分なんかまだまだダメです」

 3年後にプロ入りすることになる弟・貴規(元ヤクルト)を持ち上げる発言をしながらも、グラウンドに出れば、左投げでも70mぐらい涼しい顔で投げて、見ているこっちを驚かせてくれた。

「161キロ」よりも「140キロ後半」が速い?

 こんなこともあった。

 私が由規のピッチングを受けるブルペンで、当時の佐々木順一朗監督が、スピードガンで測ってくださった。

 高校No.1の快速球投手。それは速い。加えて、仙台育英のブルペンは、夕方になるとちょうど投手の真後ろから西日が射してくるから、まぶしい。

【次ページ】「161キロ」よりも「140キロ後半」が速い?

1 2 3 4 5 NEXT
由規
東明大貴
松田遼馬
内竜也
宮國椋丞
藤岡貴裕

プロ野球の前後の記事

ページトップ