SCORE CARDBACK NUMBER

ぶっちぎり優勝の川崎フロンターレの心を一つにした“鬼木マジック”

posted2020/12/18 07:00

 
ぶっちぎり優勝の川崎フロンターレの心を一つにした“鬼木マジック”<Number Web> photograph by SANKEI SHIMBUN

J1制覇を決めたG大阪戦では家長昭博(左)がハットトリックを達成。途中交代時には鬼木が笑顔で出迎えた

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

SANKEI SHIMBUN

 史上最速、史上最多勝ち点の川崎フロンターレがJ1をぶっちぎりで優勝した一番の要因は何か? 超過密日程を乗り切った5人交代制の有効活用、MVP候補を絞り切れないほどの分厚い戦力、攻守に圧倒したスタイルと4-3-3システムの絶妙なマッチング……きっとどれも「当たり」なのだが、今ひとつしっくりこない。

 11月25日、ホームでガンバ大阪を圧倒して優勝を果たした夜、中村憲剛が会見で明かしたエピソードが「一番の要因」だと思えた。

「リーグが再開するときにオニさん(鬼木達監督)が『こういう(コロナ禍の)ときだからこそ、自分たちで日本サッカーを引っ張っていこう、自分たちで元気、勇気を出してみんなに喜んでもらえるようなサッカーをしよう』と言ってくれた。これでみんな(の心に)もう1回、火がついたところがありました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 537文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

川崎フロンターレ
鬼木達

Jリーグの前後の記事

ページトップ