スポーツ名言セレクションBACK NUMBER

大物たちの戦力外通告→トライアウト 元セーブ王「今の僕にはこれしか無かった」元首位打者は…

posted2020/12/06 17:03

 
大物たちの戦力外通告→トライアウト 元セーブ王「今の僕にはこれしか無かった」元首位打者は…<Number Web> photograph by Koji Asakura/Hideki Sugiyama

今岡誠(左)や小林雅英ら、かつてタイトルを勝ち得た名選手でもトライアウトを経験した選手は多い

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph by

Koji Asakura/Hideki Sugiyama

雑誌「Sports Graphic Number」と「NumberWeb」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。今回は12球団合同トライアウトに挑んだ“元タイトルホルダー”3人の名言です。

<名言1>
置かれている状況を考えたときに、次のステージに進める方法が今の僕にはこれしか無かっただけのこと。
(小林雅英/NumberWeb 2010年11月15日配信)

https://number.bunshun.jp/articles/-/62048
◇解説◇
 スライダーと高速シュートを武器に、小林が積み重ねた日米通算セーブ数は「234」。NPBに限定しても通算6位(2020年時点)の228セーブで、千葉ロッテが日本一に輝いた2005年には最多セーブ投手にも輝いた。

“幕張の防波堤”のニックネームで名を挙げたが、MLBを経て2010年に巨人に加入したものの、わずか1年で戦力外通告の憂き目にあった。

 その時点で小林は36歳。引退を考えてもおかしくない年齢ではある。しかしかつてのパ・リーグのセーブ王は、もうひと花咲かせようと12球団合同トライアウト参加を決断したのだ。

「145キロを出せたのはよかったですけど、(三振よりも)ゴロを打たせるのが僕のピッチングなんで、フォアボールが心残りでした。カウント1-1、打者4人(四球を出したため5人との対戦)という決められたルールのなかでアピールするためには、絶対に抑えるしかない。それしか考えていませんでした」

 トライアウトは数多くの選手が参加するため、実戦とは少々違うルールで実施される。それでも小林はクローザーでの経験値を生かし、打者5人に対して無安打1四球とナイスピッチングを披露した。

「やれることはやれたのですっきりしています。判断するのは球団ですし、もし行き先が決まらなくてもイライラすることはないです」

 そんな小林に声をかけたのは、オリックスだった。

 翌年も目だった活躍はできず引退となったが、その後二軍コーチに就任するなど、自らの手で未来を開いたといえるだろう。

【次ページ】元首位打者&打点王が味わった“崖っぷち”

1 2 3 NEXT
小林雅英
今岡誠
門倉健
阪神タイガース
千葉ロッテマリーンズ
横浜DeNAベイスターズ
読売ジャイアンツ
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ