Beyond The GameBACK NUMBER

沢村賞候補が2人もいる幸福。~大野の意義ある10完投と~

posted2020/11/24 07:00

 
沢村賞候補が2人もいる幸福。~大野の意義ある10完投と~<Number Web> photograph by KYODO

2年連続最優秀防御率と初の奪三振王獲得が決定的な大野。来季も中日で投げる

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 今年の沢村賞の選考を巡って、様々な意見が飛び交っている。

 候補は2人。

 1人は開幕から13連勝を含む両リーグ最多の14勝(2敗)、勝率8割7分5厘をマークした巨人・菅野智之投手。そしてもう1人が20試合の先発で驚異の10完投(6完封)を達成、防御率トップの1.82という中日・大野雄大投手というわけだ。

 沢村賞にはいくつかの数値の基準がある。

・登板試合数 25試合以上
・完投数 10試合以上
・勝利数 15勝以上
・勝率 6割以上
・投球回数 200回以上
・奪三振 150個以上
・防御率 2.50以下

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 993文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

NBA, The Great Legacy 1990-2020八村塁とスーパースターの時代

関連記事

読売ジャイアンツ
菅野智之
中日ドラゴンズ
大野雄大

プロ野球の前後の記事

ページトップ