格闘技PRESSBACK NUMBER

「アスリートは何歳で引退するべきか?」37歳プロ格闘家、35歳東大卒プロゲーマーが語った“引き際”

posted2020/11/07 17:04

 
「アスリートは何歳で引退するべきか?」37歳プロ格闘家、35歳東大卒プロゲーマーが語った“引き際”<Number Web> photograph by Wataru Sato

“異業種格闘対談”にのぞむ東大卒プロゲーマー・ときど(左)とプロ格闘家・青木真也

text by

おおたとしまさ

おおたとしまさToshimasa Ota

PROFILE

photograph by

Wataru Sato

プロ格闘家で、「PRIDE」「DREAM」などでも活躍した青木真也さん。東大卒でプロゲーマーに転身し世界的に活躍するときどさん。2人の“異業種格闘対談”が実現。聞き手はときどさんの中・高の先輩にあたり、『麻布という不治の病』を出版した教育ジャーナリストのおおたとしまささん。3回目はアスリートとしての「おわり」について話が進んでいきます。(全3回の3回目/#1#2へ)

毎日何時間練習しているか?

青木 ときどさんが筋トレやるのはきっと、自分と向き合う作業の一つですよね。ひとって自分と向き合う時間がほしいから、筋トレとかランニングとかやるんです。最近はサウナもいいですよ!

ときど 青木さんはサウナがお好きなんですよね。

青木 サウナを通じてそれぞれの土地柄を感じるのが好きだってこともあるんですけど(笑)。僕にとっては練習も自分と向き合う時間です。試合直後でも毎日練習は欠かさず行うので「マジメですね」なんてよく言われるんですが、全然そんなことはなくて、自分との対話との時間だからやっているだけで。

ときど 自分を保つために必要だからやっているってことですよね。

青木 おっしゃるとおりです。1時間から1時間半の練習を集中して行うのが日々のルーティンです。

ときど 練習しない日もあるんですか?

青木 週1回つくってはいるんですけど、その日にはほかのことが入ったりするので、完全に1日中休んでいる日はないかもですね。何にもないほうがストレスだったりするんで。

ときど 僕らは肉体的な疲労がないんで、1日6時間くらい練習します。そのうち2~3時間は1人で練習しますけど、あとは練習相手の都合によって1日の時間の使い方は変わります。ゲームも一人では練習できないので。

青木 僕いま、超くだらないことを聞きそうになりました(笑)。

ときど どうぞ(笑)。

青木 「飽きないんですか?」って聞こうと思ったけど、僕も同じだと思って。ゲームを毎日やってて飽きないのかなって心配になったけど、僕も格闘技毎日やってて飽きませんものね。

【次ページ】「僕も今年35歳ですけど……」

1 2 3 4 NEXT
青木真也
ときど

格闘技の前後の記事

ページトップ