欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

クラシコ“疑惑PK”にバルサ憤慨! 衝撃の13-0、中島翔哉&柴崎岳の活躍…写真で欧州蹴球トピックス

posted2020/10/26 20:00

 
クラシコ“疑惑PK”にバルサ憤慨! 衝撃の13-0、中島翔哉&柴崎岳の活躍…写真で欧州蹴球トピックス<Number Web> photograph by Getty Images

セルヒオ・ラモス、モドリッチらの活躍でクラシコを制したマドリー。ただPK判定はバルサ側としては納得がいかないようで……

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph by

Getty Images

 10月に入り、CLやELも開幕するなど、欧州サッカーがいよいよトップギアに入る時期となった。その中でこの週末はバルセロナとレアル・マドリーのエル・クラシコなど、注目の試合が多かった。そこでこの土日の“事件・珍事”や日本人選手の活躍を写真でまとめてみた。

(1)無観客クラシコで“疑惑PK”?
 スペインのラ・リーガ第7節最大の注目カードはバルセロナとレアル・マドリーの「エル・クラシコ」だった。新型コロナウイルス禍の中で初めて行われた宿敵対決はバルサの本拠地カンプノウで開催されたが、3-1で昨季リーガ王者マドリーに軍配が上がった。

 その一戦で物議をかもしたのは、後半14分のシーン。レアルのFKでゴール前に上がったボールに対してクレマン・ラングレがセルヒオ・ラモスのユニフォームを一瞬引っ張ったとして、VARによってPK判定が下った。そのPKをセルヒオ・ラモスが決めて決勝点を奪った。

 しかしバルサの育成責任者、シャビエル・ビラジョアナが自身のツイッターで「ありえないスキャンダルだ」と憤慨している。

【次ページ】 アヤックスが衝撃の13ゴール!

1 2 3 4 NEXT
バルセロナ
レアル・マドリード
中島翔哉
アヤックス
ポルト
柴崎岳
レガネス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ