マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

巨人&ソフトバンクが獲るべき“スーパー三塁手”とは? 2020年ドラフト目玉候補<内野手ベスト3>は… 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/10/18 11:01

巨人&ソフトバンクが獲るべき“スーパー三塁手”とは? 2020年ドラフト目玉候補<内野手ベスト3>は…<Number Web> photograph by KYODO

ドラフト目玉候補ベスト3 内野手編(1)近畿大・佐藤輝明内野手(186cm92kg・右投左打・兵庫仁川学院)

内野手編(隠し玉)JR九州・萠抜哲哉(179cm74kg・右投右打)

 内野手の「隠し玉」は、隠し玉と呼ぶには勿体ないほどのフィールディング名人だ。

 JR九州・萠抜(はえぬき)哲哉遊撃手(179cm74kg・右投右打・京都学園大)に大学選手権で試合前のシートノックを見て、もう惚れ込んだ。「源田が、また現れた……」と思った。

 股関節、ヒザ、足首……下半身の関節がすべて柔らかい。もっといえば、スパイクの中の足の指の付け根の関節の柔らかさまで伝わってくるような、低く安定した連動のよどみなさ。

 掃除機で床のゴミを吸いとるようにゴロを吸収して、スローイングの正確さも間違いない。崩れた体勢からも、アッと思うような強い送球を繰り出す。

 ずっと見ていたいような華麗な身のこなしと鮮やかなボールさばきだ。

 しかし、この夏以来、その見事なフィールディングを披露する機会がない。「JR」は鉄道インフラとして、大会に参加して万が一感染を広めてはいけない。都市対抗の予選出場を控えている。

 披露する場はなくても練習はずっと続けており、その“実力”と抜群の“センス”には変わりはない。フィールディングに関しては、1年目から一軍で「守れるショート」……自信を持って推せる遊撃手だ。

(【続きを読む】2020年ドラフト最注目候補ベスト3<捕手編><投手編>へ/【前回を読む】<外野手編>へ)

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
佐藤輝明
元山飛優
山村崇嘉
萠抜哲哉

プロ野球の前後の記事

ページトップ