沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

グランアレグリア、絶望的位置から豪脚を見せて快勝! 秋は「天高く馬肥ゆる馬券」が吉!?

posted2020/10/05 11:35

 
グランアレグリア、絶望的位置から豪脚を見せて快勝! 秋は「天高く馬肥ゆる馬券」が吉!?<Number Web> photograph by Kyodo News

第54回スプリンターズステークスを制したクリストフ・ルメール騎乗のグランアレグリア

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 まさに圧巻の「2階級制覇」。春にアーモンドアイを突き放した脚は本物だった――。

 秋のGIシリーズ開幕戦、第54回スプリンターズステークス(10月4日、中山芝1200m、3歳以上GI)は、クリストフ・ルメールが騎乗した1番人気のグランアレグリア(牝4歳、父ディープインパクト、美浦・藤沢和雄厩舎)が優勝。ディープインパクト産駒として初めてスプリントGIを制し、競馬史に新たな蹄跡を刻みつけた。

残り310mからの豪快な加速

 レース序盤のグランアレグリアの位置取りは、絶望的に見えた。

 2番人気のモズスーパーフレアが引っ張る流れは速くなり、前半3ハロンは32秒8。16頭の馬群は12、3馬身の縦長になった。ハイペースになると後方に待機した馬が有利になるとはいえ、グランアレグリアは先頭から10馬身ほど離された後方2番手にいる。

「スタートがゆっくりでした。1200mのリズムを見つけられず(つかみ切れず)、位置取りは後ろになりました。心配しましたが、パニックにはなりませんでした」

 ルメールはそう言うが、中山の直線は310mしかない。これで届くのかと、見ているほうはハラハラしっぱなしだった。

 4コーナーを回り、直線に入っても後方2番手のままだった。ルメールはグランアレグリアを外に持ち出した。先頭との差は縮まったとはいえ、まだ7、8馬身か。ラスト200m地点でも5馬身以上の差があったが、ルメールの左ステッキが入ると、グランアレグリアは豪快に加速した。

「ペースが結構速かったので、前の馬は止まりましたが、グランアレグリアは直線に入ってからいい脚を使いました」

 そう話したルメールが右に鞭を持ち替え、さらに叱咤すると、グランアレグリアは内の馬たちを面白いようにかわしていく。やや内に刺さりながらも勢いは衰えず、ゴール前は流すようにして2着を2馬身突き放した。

【次ページ】 ルメールは史上8人目のJRA重賞100勝目

1 2 3 NEXT
クリストフ・ルメール
グランアレグリア

競馬の前後の記事

ページトップ