Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

コントレイル「偉大な父も、人智も超える」~無敗の父仔三冠へ~

posted2020/10/08 07:00

 
コントレイル「偉大な父も、人智も超える」~無敗の父仔三冠へ~<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

伯耆富士を背に朝一番で駆けるコントレイル。夏は約3カ月間、大山ヒルズで過ごしリラックスした日々を送った

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Keiji Ishikawa

圧倒的1番人気で迎えた秋初戦の神戸新聞杯で役者の違いを見せつけ、無敗のクラシック三冠を射程圏内に入れた青鹿毛のスーパーホース。
放牧先での様子と、今年のリーディングを独走する指揮官の言葉から、父の蹄跡をなぞるように三冠街道を駆けていくその姿を追いかけた。

 日本ダービー以来4カ月ぶりとなった、秋初戦の神戸新聞杯。9月27日、今年は阪神ではなく中京芝2200mで行われたこのレースで、コントレイルは単勝1.1倍の圧倒的1番人気に支持された。抜けた一強との評価にも、騎乗した福永祐一は楽観視していなかった。

「戦前から、ちょっと難しいレースになると思っていました。内枠(1枠2番)が当たったので、いかに上手く進路を見つけて、ストレスなく走らせるかが課題でした」

 コントレイルはポンと速いスタートを切った。そのまま出たなりに進んで他馬を先に行かせ、先頭から6馬身ほど離れた7、8番手で1、2コーナーを回っていく。周りを他馬に囲まれ、内埒から馬1頭分ほど間隔を置いたところを走っていた。

 その形は、管理調教師の矢作芳人がイメージしていたものとは少し違っていた。

「基本的にスタートのいい馬なので、もうちょっと前に行くと思っていました。1、2コーナーで他馬にぶつけられて、一瞬だけリズムを崩しそうになりましたが、すぐ落ちつきましたね」

 向正面に入っても包囲網は解けず、福永はコントレイルを外に持ち出すことができないままレースを進めることになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4904文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<秋競馬GIプレビュー>三冠親仔伝説
コントレイル
ディープインパクト
福永祐一
矢作芳人

競馬の前後の記事

ページトップ