セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

天才司令塔ピルロが“仮免”でユーベ監督。セリエA10連覇&CL制覇へ模範はジダン。

posted2020/09/03 07:00

 
天才司令塔ピルロが“仮免”でユーベ監督。セリエA10連覇&CL制覇へ模範はジダン。<Number Web> photograph by Getty Images

ユーべの監督になった名司令塔ピルロ。クリスティアーノ・ロナウドら名手を束ね、セリエA10連覇の偉業に挑む。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

 マエストロ(名人、達人)と謳われた天才司令塔アンドレア・ピルロが、セリエAの戦場に還ってきた。

 それも、9連覇を達成したばかりの絶対王者ユベントスの新指揮官として。

「自分の監督としての可能性を信じている。自分が成功を約束された指導者であるかどうか、それはこれから残す結果が物語ってくれるはずだ」(ピルロ)

 CLベスト16敗退を受け、8月8日にマウリツィオ・サッリ前監督が解任。7月末に今季のU-23チームを任せると発表したばかりのピルロを急遽トップチームの指揮官に据える電撃人事が、アンドレア・アニェッリ会長の鶴の一声で即日決まった。

 9月上旬のAマッチを控える代表組を除くチームは、24日からトリノ市内のトレセンでプレシーズンキャンプ入りしており、新米監督は大過なく第1クールを終えたところだ。

アンチェロッティ、リッピも歓迎。

 W杯もCLも勝ち取った天才MFの指導者転向には、かつての監督たちやチームメイトが一斉に歓迎の意向を示している。

 ミラン時代の恩師カルロ・アンチェロッティ(エバートン)は、2年前に愛弟子が現役引退した際、すでに「指導者になるための資質と能力は十分にある」と太鼓判を押していたし、ドイツW杯をともに制した名将マルチェロ・リッピは「ピルロは全能の男。(今回の急な就任にも)問題などあろうはずがない」とまで言ってのけるほど、全幅の信頼を寄せている。

 現役時代のピルロは、同業者が脱帽するほどテクニックとセンスに長けた名手だった。

 中盤底のプレーメーカーとして絶妙なポジションから糸引く縦パスを放ち、攻撃を操るだけでなく、悪魔のようにエグいフリーキックで相手ゴールを陥れ、サッカー好きを魅了した。ピルロの妙技に惚れ惚れしたのは、ミラニスタやユベンティーノだけではなかったはずだ。

 ただし、今のところ“ピルロ監督”に対するカルチョの国の見方は厳しい。

 何しろ、彼には指導経験がまったくないのだ。

【次ページ】 “仮免”でユーべ監督は無謀?

1 2 3 4 5 NEXT
アンドレア・ピルロ
ユベントス
クリスティアーノ・ロナウド
カルロ・アンチェロッティ
マルチェロ・リッピ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ