欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ついたあだ名は「Mr.信頼」。
遠藤航の評価がドイツで爆上げ中。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2020/08/01 11:40

ついたあだ名は「Mr.信頼」。遠藤航の評価がドイツで爆上げ中。<Number Web> photograph by AFLO

「復活≒1部返り咲き」という記念Tシャツを手にする遠藤航。27歳、大きな波が彼に向かってきている。

ドイツメディアがニックネームを付け始めた。

 他にも、ドイツメディアはこんな風に表していた。

「日本のボディーガード」

「Mr.信頼」

 警備会社のCMのオファーが来そうなニックネームだ。

 シュツットガルトと浦和レッズのOBであるギド・ブッフバルト氏も、カールスルーエ戦で特別解説を務めた際に、こう絶賛した。

「遠藤は典型的な『6番』だ。シュツットガルトの守備に安定性をもたらすし、マイボール時には彼のところでボールが落ち着く」

 ドイツではポジションを数字で表わすことも多く、『6番』というのは日本人が『ボランチ』と聞いて思い浮かべるポジションに近い。

 そんな遠藤のことを最も高く評価していた人物はたぶん、この人だ。

 スヴェン・ミスリンタート――。

ドイツ中が認める目利きのSD。

 シュツットガルトの選手編成の責任者であるSD(スポーツディレクター)で、日本のファンにも広く知られている。ドルトムントのスカウト、アーセナルのリクルート部門長を歴任した人物で、ドイツに彼の目利きとしての能力を疑う者はいない。

 彼にしっかり評価されたことには大きな意味があった。

 監督はよく代わる。成績不振にともなう電撃解任もよくある話だし、ときには首脳陣と衝突したり、プライベートな理由でクラブを去ることもある。

 監督からのラブコールを受けて移籍したのに、その監督がすぐにクラブを去ってしまい、路頭に迷う。そんなケースは移籍にはつきもので、こうした状況に苦しんだ日本人選手の名前も1人や2人はすぐに思い浮かべられるはずだ。

 監督は「雇われる」立場だが、選手編成を司るSDやGMは「雇う」側だ。

 どちらからの評価が、その人の将来に大きな意味を持っているのか。サッカー界とは無関係であっても、どこかの会社に一度でも所属した人間ならばわかるだろう。

【次ページ】 むしろ、なぜ3カ月もベンチだったのか。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
遠藤航
シュツットガルト

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ