海外サッカーPRESSBACK NUMBER

韓国2部で11戦11ゴールFW安柄俊。
憲剛さん、キタジさんの助言を胸に。 

text by

キム・ミョンウ

キム・ミョンウKim Myung Wook

PROFILE

photograph bySuwon FC

posted2020/07/24 09:00

韓国2部で11戦11ゴールFW安柄俊。憲剛さん、キタジさんの助言を胸に。<Number Web> photograph by Suwon FC

先日、古巣ロアッソ熊本へ豪雨に伴う義援金を贈与した安。いまも日本への感謝の気持ちを忘れない。

韓国2部で11戦11発。得点ランク1位。

 安はKリーグ2(2部)の水原FCに所属し、現在リーグ戦11試合に出場して11ゴールと驚異の決定力で、得点ランキング1位(7月19日時点)をひた走る。チームもリーグ首位。

 直近の見せ場は、第11節(19日)に訪れた。水原FCは、かつてセレッソ大阪と柏レイソルでプレーした元韓国代表FWのファン・ソンホン監督率いる大田ハナシチズンと対戦。大田のブラジル人FWアンドレ・ルイスがここまで8ゴール(得点ランキング2位)と絶好調で、9ゴールの安との直接対決が注目されていた。

 軍配が上がったのは安のほうだった。前半11分に元京都サンガのFW石田雅俊のゴールでが先制すると、アディショナルタイムに得たPKを安が決めて2-0。後半29分、大田にPKから得点を許したが、同43分に再び石田が追加点を決めて3-1とリード。試合終了間際に再び安が左足から強烈なミドルシュートをゴールに突き刺し、4-1で大勝した。

韓国で注目を集めるJ出身ストライカー。

 相手の裏に抜ける動きやポストプレー、コースを狙った強烈なシュートまで、安のFWとしての韓国内評価は高く、今ではKリーグの開催日には必ず話題になるほどだ。

 安は通算11ゴールだが、2トップを組む石田も通算6ゴールで得点ランキング3位につけている。Jリーグを経験した2人が、首位のチームをけん引しているのも不思議だが、安も「マサ(石田の韓国での登録名)とはとてもやりやすい」と相性の良さを強調する。

 そんな安の活躍の背景には、これまでJリーグで出会った監督や先輩たちのアドバイスを忘れず、さらなる成長のために悩み抜いた日々があった。

【次ページ】 先輩、監督に恵まれた川崎時代。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
安柄俊
石田雅俊
水原FC
中村憲剛
風間八宏
北嶋秀朗

海外サッカーの前後の記事

ページトップ