スポーツ百珍BACK NUMBER

ジダン監督も称える久保建英の力。
同年代スター候補と今季数値比較。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2020/06/25 11:50

ジダン監督も称える久保建英の力。同年代スター候補と今季数値比較。<Number Web> photograph by AP/AFLO

ラモス、メンディに囲まれながらもドリブルを仕掛ける久保建英。名だたる選手を前にしても、久保に臆した様子はなかった。

久保は日本サッカーの宝になる。

 さて、久保の数字をもう一度じっくりと見てみる。劣勢になりがちなマジョルカの中で、周囲のフォローを受けられず、ボール喪失が増えているのは致し方ないだろう。その一方で1試合平均の被ファウル数「1.85」は3人を上回っており、仕掛けに行く意欲の高さを感じる。

 それとともに「ボール回収」の多さ、1試合平均で「3」超えというのが浮かび上がってきたのが面白い。守備面が数少ない課題と評される久保が、守備意識をしっかりと持っているという証左だろう。

  EU外枠の国籍ということで、マドリーではビニシウスやロドリゴ、そしてウーデゴールとの熾烈な出世争いは今後も続くはず。しかしリバプールで南野拓実がサラー、フィルミーノ、マネのフロントスリー相手に挑んでいるのと同じく、熾烈な生存競争の渦中にいることこそ、ゆくゆくは2020年代の日本サッカーにとって大きな価値となるはずだ。

BACK 1 2 3 4
久保建英
ビニシウス・ジュニオール
アンス・ファティ
マルティン・ウーデゴール
マジョルカ
レアル・マドリー
レアル・ソシエダ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ