欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

メッシvs.久保建英で見えた共通点。
「ボールを蹴る喜び」は普遍の才能。 

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/06/17 11:50

メッシvs.久保建英で見えた共通点。「ボールを蹴る喜び」は普遍の才能。<Number Web> photograph by Getty Images

リーガ再開初戦、メッシ相手に臆さずボールを奪いに行く久保建英。そんなハートの強さを見せられると、期待値は否が応でも高まる。

メッシが味わっていない苦労を糧に。

 バルサ戦で言えば、終盤のスタミナ切れが目に付いたし、シュート精度も課題として残った。また、攻撃の選択肢が限られたチームを活性化するアイデアも物足りなかった。また16日のビジャレアル戦でも直接FKを放つなど積極性を見せたが得点に絡めず後半途中に交代。チームもリーグ再開後、痛い連敗を喫した。

 バルサで純粋培養され、デビューからずっと周りのサポートに恵まれてきたメッシが味わうことのなかった苦労も、できればステップアップの糧としてほしいものだ。

「才能のコンテスト」ではきっとメッシにも引けを取らない。これからは「努力のコンテスト」で、どこまで偉大なスーパースターに迫れるかだろう。

 耳に入る称賛に我を見失わず、足音も立てずに忍び寄る自惚れを振り払い、ここからさらなる成長を遂げれば──。永遠にも思えたメッシの時代に終止符を打つのは、もしかすると、今はまだ19歳になったばかりの日本の至宝なのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
リオネル・メッシ
バルセロナ
久保建英
マジョルカ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ