Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

トルシエが語る「日本人のメンタル」。
中田と本田の同じ部分、違う部分。

posted2020/06/16 08:00

 
トルシエが語る「日本人のメンタル」。中田と本田の同じ部分、違う部分。<Number Web> photograph by Kazuaki Nishiyama

日本代表を率いていたころのフィリップ・トルシエ。日本サッカーを大きく変えた人物の1人である。

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Kazuaki Nishiyama

 コロナ禍で多くのスポーツが延期や中止されるなか、NumberWebでは、『Sports Graphic Number』の過去の記事のなかから、「こんなときだからこそ読んで欲しい」と思う記事を特別公開します!
 今回は「781号 メンタル・バイブル」(2011年6月23日発売)に掲載された「トゥルシエが見た、日本人のメンタル論」。日韓W杯で日本代表の采配をとり、日本サッカーを大きく変えた彼は、日本人のメンタルを深く観察した指揮官でもあった。

 メンタルというのは、誰かにこうだと与えられるものではない。自分たちの感じる気持ちの強さや弱さ、それがメンタルだ。またメンタルは、周囲の環境と無関係には語れない。

 私が日本代表監督を務めた当時('98~'02年)から今日までに、日本人のメンタルは大きく変わった。

 なぜ変わったのか?

 それは、日本そのものが変わったからだ。Jリーグ創設を機に、日本サッカーは大きな躍進を遂げた。ピッチの上だけに限らず、日本人はサッカーを取り巻く環境を変え、自分たちの考え方も変えた。強いメンタルも、そこから生まれたものだ。

 協会とリーグ、メディア、サポーターは、サッカーを動かす4つの装置だ。この20年間、彼らは膨大な努力とエネルギーを注ぎ込み、日本サッカーを前進させ、それが今日の基盤となった。

 クラブとリーグの組織化。若年層の育成と指導者の養成。メディアの伝える情報は、質・量ともに向上し、サポーターもサッカーを深く理解するようになった。彼らに支えられて、日本代表も結果を得た。メンタルの進化――それは選手だけでなく、日本人全体が精神的に成熟した――は、この環境の変化・サッカーの進歩と深く結びついている。

南アW杯がターニングポイントだった。

 ターニングポイントは、南アフリカW杯だった。ベスト16という予想外の結果に、すべての日本人が自信を得た。

 皆さんも良く覚えているだろう。大会前は、誰もが憂鬱だったことを。誰も代表を信じてはいなかったし、選手はコンプレックスと恐れを抱いていた。惨敗した日本が、再び暗黒の時代を迎えることも、十分に考えられた。

 そうはならなかったのは、日本が強固な基盤を築いていたからだ。だがそれは、地中に埋もれていて眼には見えなかった。上に建物を構築したときに、はじめてどれだけ優れたものであるか、20年間の努力と方向性が正しかったことに気づいたのだった。

【次ページ】 日本だけに特徴的な現象。

1 2 3 4 NEXT
フィリップ・トルシエ
中田英寿
本田圭佑

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ