プロ野球亭日乗BACK NUMBER

おバカキャラでも球場では常に正装。
元木大介が持つ指導者の資質と財産。

posted2020/06/01 20:00

 
おバカキャラでも球場では常に正装。元木大介が持つ指導者の資質と財産。<Number Web> photograph by KYODO

昨季、一軍の内野守備兼打撃コーチに就任し、三塁ベースコーチも務めた元木大介。今季はヘッドコーチの重責を担う。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 新型コロナウイルスの感染拡大でプロ野球の開幕が延期となる中、チームや選手とファンとのコミュニケーションツールとして活用されたのが球団公式のインスタグラムやツイッター、YouTubeなどのSNSだった。

 どのチームもインスタ中継や公式YouTubeチャンネルなどで工夫を凝らした動画配信を行っているが、巨人のインスタ中継で、改めて注目が集まったのが元木大介ヘッドコーチだった。

 現役引退後はテレビタレントとしての仕事を多くこなし、そこで鍛えられた巧みな話術で、日本テレビの「ズームイン‼サタデー」の巨人情報レギュラーだった宮本和知投手チーフコーチと共に大活躍。

 宮本コーチとの対談や単独での出演ではファンの質問に答えたり、若手の選手との掛け合いを見せたりと、コロナ禍の中で改めてそのコミュニケーション能力の高さを示すこととなったのである。

「巨人の恥」と怒るOBの声。

 タレント時代の元木コーチの“代名詞”といえば「クイズ!ヘキサゴンII」でのおバカキャラである。

「元木さんといえばヘキサゴンというイメージ!」――インスタライブでも若手の湯浅大内野手から、こういじられる場面があったほどで、どうにもあの番組で染み付いたイメージが、世間の見る元木大介なのである。

 それだけに一昨年オフに原辰徳監督に請われて14年ぶりにコーチとして巨人のユニフォームを着た際には、球界関係者からは不安の声が噴出し、「タレントコーチ」と揶揄する陰口があったのも事実だった。

 確かに「クイズ!ヘキサゴンII」で見せていた元木コーチの姿はおバカだった。司会の島田紳助さんにいじられ、「巨人の恥」と怒るOBの声をいく度となく聞いたこともある。

【次ページ】 もう1人の元木大介の姿があった。

1 2 3 4 NEXT
元木大介
原辰徳
宮本和知
湯浅大
読売ジャイアンツ
島田紳助

プロ野球の前後のコラム

ページトップ