野球クロスロードBACK NUMBER

松坂も清宮もいいけどあの世代も!
中年の星・福留孝介、韓国戦の一発。

posted2020/05/23 09:00

 
松坂も清宮もいいけどあの世代も!中年の星・福留孝介、韓国戦の一発。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

第1回WBCの準決勝。韓国に2連敗していた日本が、福留孝介の本塁打の後、相手投手が死球・暴投と乱れて一気に勝負を決めた。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 雑誌『Sports Graphic Number』が創刊40周年、通算1000号を迎えました。記念すべき1000号の特集テーマは「ナンバー1の条件」。NumberWebではこの特集を記念して、「私のナンバー1」という特集記事を配信することにいたしました。今回は、スポーツジャーナリストの田口元義氏が綴る、「忘れられない、WBCでの福留孝介の1本」の記憶です。

 野球界では、同い年の選手を「世代」として表現することが多い。

 最も有名なのは、西武の松坂大輔が旗頭の「松坂世代」。以後、ヤンキースの田中将大を筆頭とした「田中世代」、最近では、日本ハムの清宮幸太郎が牽引すると期待されている「清宮世代」が挙げられる。彼らは高校時代に、圧倒的なパフォーマンスを誇示して脚光を浴びた。その力に触発されたライバルたちが、追いつき追い越せとばかりに研鑽を積み、プロへ進んで実績を伸ばす。そうやって、世代の印象を年々、強めていく。

 筆者が生まれた1977年は「福留世代」である。

 福留孝介は、PL学園時代から「世代最強」のスラッガーとして名を轟かせていた。

 高校3年の夏に大阪大会記録の7発。甲子園でも2本のアーチを描くなど、通算40本塁打を記録した。'95年のドラフト会議で高校生史上最多の7球団から指名されながら、交渉権を獲得した近鉄への入団を拒否したことも話題を呼んだ。

因縁の相手・韓国に引導を渡した福留の一発。

 世代の先頭を走る男は、日本代表の常連でもあった。

 高校3年の甲子園後にアメリカ、韓国との親善試合で日本代表の主将を務め、日本生命1年目には、19歳ながらアトランタ五輪の代表に選出。中日に入団後の2004年にもアテネ五輪に出場した。

 その福留を語る上で欠かせない1本がある。

 '06年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。準決勝の韓国戦で放った決勝本塁打だ。それは今も、侍ジャパンの歴史に色濃く刻まれている。

 予選から2度も辛酸を嘗めさせられた相手に引導を渡した一発。日本の世界一を大きく手繰り寄せるパフォーマンスを発揮しながら、当の福留はあの時、喜びとは別の感情も去来していたのだという。

「たまたま、ああいう結果になっただけで。打てたのはよかったですけど、代打っていうのは自分としては本意ではなかったですから。そういう部分では悔しさはありました」

 本来ならば、福留はこの大会に出る予定はなかった。

 ヤンキースの松井秀喜が出場を辞退したことで、いわば「代役」としてオファーされたわけだが、一度は「辞退しよう」と考えていたという。

【次ページ】 実はWBC前に大幅な打撃フォーム改造に着手していた。

1 2 3 4 NEXT
福留孝介
王貞治
松坂大輔
田中将大
清宮幸太郎
阪神タイガース
キム・ビョンヒョン
斉藤和巳

プロ野球の前後のコラム

ページトップ