JリーグPRESSBACK NUMBER

原博実にとっての“最恐”Jクラブ。
オシム千葉との死闘、加地のPK直訴。

posted2020/05/21 19:00

 
原博実にとっての“最恐”Jクラブ。オシム千葉との死闘、加地のPK直訴。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

当時FC東京を率いていた原博実が度肝を抜かれたというオシムの大胆采配。ジェフとの名勝負は今も記憶に新しい。

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

『Sports Graphic Number』では、6月4日発売の「Jリーグ歴代最強チームを探せ!」(仮)特集に向けて、読者のみなさんにとっての「史上最強クラブ」を問うアンケートを実施中です。NumberWebでも長年Jリーグを見続けてきた解説者、関係者、ライターが思う「J最強クラブ」をシリーズでお届けします。

 Jリーグ歴代最強チームを探せ。悩むよね。難しいよね。僕も歴代タイトル獲得クラブ一覧を眺めながら、迷いに迷いました。読者のみなさんも、きっとそうでしょう。

 Jリーグの公式YouTubeチャンネル内「JリーグTV」(https://youtu.be/IOZYTEDvPR4)では、5つのクラブを紹介しました。今回はそのコラボ企画として、僕が監督時代に対戦して強烈なインパクトを受けたJリーグ歴代“最恐”クラブについて、お話したいと思います。

 僕がFC東京の監督を務めていた2000年代、度肝を抜かれたのがイビチャ・オシムさん率いるジェフユナイテッド市原(現・千葉)でした。特に、'04年のファーストステージ第13節、市原臨海競技場でのゲームは忘れられませんね。あの試合、開始直後に鈴木規郎が嘘みたいなシュートを決めて、FC東京が先制。42分にジェフの佐藤勇人が退場して、1分後に鈴木がまた決めた。10人の相手に、2-0。正直、ハーフタイムには「勝てるだろう」と思っていました。

驚かされたオシムの大胆な采配。

 ところが後半、オシムさんは1人少ないにも関わらず、最終ラインに余っていたリベロを削って、前のめりに向かってきた。次々とゴール前に人が飛び込んできて、マルキーニョスに2点を決められたんです。85分には中島浩司まで退場して9人になったのに、そのまま引き分け。もちろん悔しかったけど、それ以上にオシムさんの大胆な采配と、それに応える選手たちのプレーは素晴らしいと思いました。

 お互いに攻撃的なチームでしたから、戦っていても楽しかった。セカンドステージでの再戦では、逆に開始6分で2点をリードされたけど、そこからFC東京が巻き返して3-3の引き分け。殴り合いのような展開は、お客さんも楽しんでくれていた気がします。

【次ページ】 「今ちゃん、左サイドバックやって」

1 2 3 NEXT
原博実
イビチャ・オシム
今野泰幸
加地亮
FC東京
ジェフユナイテッド市原・千葉

Jリーグの前後のコラム

ページトップ