熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

シャムスカは今もトリニータを愛す。
西川、森重、清武にファンとの逸話。

posted2020/05/22 11:40

 
シャムスカは今もトリニータを愛す。西川、森重、清武にファンとの逸話。<Number Web> photograph by Pericles Chamusca

大分トリニータ、ジュビロ磐田で監督を務めたシャムスカ氏(右)。現在はサウジアラビアで指導者キャリアを積み上げている。

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

Pericles Chamusca

 日本のファンに馴染み深いブラジル人監督が、数年前から中東で奮闘している。

 ペリクレス・シャムスカ、54歳。

 MFとしてプロを目指したが、思いは果たせなかった。大学で体育学を修めるとフィジカルコーチを経て1994年、28歳の若さで指導者となった。

 ブラジル各地の中小クラブを渡り歩ると2004年、サンパウロ郊外の小クラブ、サントアンドレ(現在は全国リーグ4部から陥落して州リーグ2部)の監督に就任する。

 ブラジルリーグと並ぶ2大タイトルであるコパ・ド・ブラジルでアトレチコ・ミネイロ、パルメイラスといった超格上クラブを次々に撃破し、決勝で名門フラメンゴと対戦した。ホームで2-2で引き分けた後、リオのマラカナン・スタジアムで、7万人を超えるフラメンギスタの前で2-0と快勝して奇跡の初優勝。一躍、有名になった。

 2005年9月から2009年まで大分トリニータの監督を務め、2008年にクラブ史上初のタイトルとなるナビスコカップを制覇(これは、彼個人にとっては2004年の偉業の再現だった)。この年、Jリーグでも4位と大健闘した。

 その後、ブラジルの中堅クラブ、カタールのクラブなどを経て2014年にジュビロ磐田(当時J2)を率いたが、シーズン途中で退任。カタールやUAEのクラブを経て、2018年10月からサウジアラビアの中堅クラブ、アルファイサリーを率いている。

 サウジアラビア・リーグは昨年8月22日に開幕し、今年5月30日まで行なわれる予定だった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全30節中22節を終えた3月14日から延期されている。

 ブラジル北東部サルバドールの自宅で待機する監督に話を聞いた。

大分には優れた選手が大勢いた。

――2005年9月、最下位と同勝ち点の17位で2部降格濃厚と思われた大分の監督に就任。7勝3分2敗と成績を急上昇させ、「シャムスカ・マジック」と言われました。

「監督就任後、最初の試合までに、この年のトリニータの全試合、そして他チームの多くの試合を映像で確認した。トリニータには優れた選手が大勢おり、決して下位に沈むようなチームではなかった。また、トリニータが絶対に勝てないと思うチームも見当たらなかった。

 だから、やるべきことをすべてやれば、必ずチームの成績が上向くと思っていた」

【次ページ】 提示した戦術とメンタリティとは。

1 2 3 4 5 NEXT
ペリクレス・シャムスカ
大分トリニータ
西川周作
金崎夢生
清武弘嗣
梅崎司

Jリーグの前後のコラム

ページトップ