水沼貴史のNice Middle!BACK NUMBER

私のJ最強クラブ。磐田のN-BOXと
ドゥンガの遺産、現強豪との相似。

posted2020/05/20 20:00

 
私のJ最強クラブ。磐田のN-BOXとドゥンガの遺産、現強豪との相似。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

名波浩が中央に君臨した「N-BOX」。当時の磐田は日本サッカー史上屈指のロマンチックかつ“勝てるチーム”だった。

text by

水沼貴史

水沼貴史Takashi Mizunuma

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

『Sports Graphic Number』では、6月4日発売の「Jリーグ歴代最強チームを探せ!」(仮)特集に向けて、読者のみなさんにとっての「史上最強クラブ」を問うアンケートを実施中です。NumberWebでも長年Jリーグを見続けてきた解説者、関係者、ライターが思う「J最強クラブ」をシリーズでお届けします。

 Jリーグ歴代最強チームは? と聞かれてパッと思い浮かぶのは、黄金期のジュビロ磐田です。

 1990年代後半から2002年前後にかけて、この時期のジュビロはとにかくタレント揃いでした。
 
 名波浩、藤田俊哉、奥大介(2002年に横浜F・マリノスへ移籍)、福西崇史、服部年宏ら代表メンバーが揃う中盤もさることながら、前線には中山雅史と高原直泰の強力2トップ、DFラインには鈴木秀人や田中誠、大岩剛、山西尊裕、GKにはオランダ人のヴァン・ズワムと粒ぞろい。さらに金沢浄や河村崇大、川口信男、西紀寛らも控えている。

 よく取材をさせてもらったので思い入れも深い豪華な面々です。

スパサカでのトークの連係も(笑)。

『スーパーサッカー』では優勝を決める度に出演してもらっていましたが、彼らはトークの連係も抜群。後輩にいじられながらも先頭に立って発言するゴンや親分肌の名波、マイペースの俊哉に、渋いコメントが光るハット(服部)。こちらが何をせずとも、番組が成立してしまうクオリティに、よく助けられた思い出があります(笑)。

 サッカー同様に、主役はもちろん、脇役もしっかり揃っていたチームでしたね。

 印象深いシーズンを挙げると、やはり完全優勝を果たした2002年でしょう。現在まで語られることが多い「N-BOX」は、日本サッカー界に大きなインパクトを残しました。

 鈴木政一監督が2001年から導入した「N-BOX」は、サイドに人を配置せず、中盤をボックスに並べた斬新なシステムでした。実現はしませんでしたが、世界クラブ選手権(※広告代理店の倒産により中止)で戦う予定だった対レアル・マドリーを見据えたシステムだったとも当時は言われていました。

 藤田と奥(または西)、ボランチの服部と福西の4人が四角形を作り、イタリアから復帰した司令塔・名波を中央に配置。俯瞰で見ると、サイコロの「5」の目のようなポジショニングです。コンパクトな距離感を保ちながら、彼らの技術を最大限生かすという狙いがありました。

【次ページ】 名波とともに藤田が生きていた。

1 2 3 4 NEXT
ジュビロ磐田
名波浩
藤田俊哉
奥大介
福西崇史
服部年宏
中山雅史
高原直泰
鈴木秀人や田中誠
大岩剛
山西尊裕
ヴァン・ズワム
金沢浄
河村崇大
川口信男
西紀寛
鈴木政一

Jリーグの前後の記事

ページトップ