JリーグPRESSBACK NUMBER

私のJ最強クラブ。2018年J1連覇、
フロンターレの風格は現在進行形。

posted2020/05/19 20:00

 
私のJ最強クラブ。2018年J1連覇、フロンターレの風格は現在進行形。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

2017年のJ1初制覇に続き、風格を漂わせる連覇を達成。フロンターレを応援する人全員がその成熟ぶりを感じたことだろう。

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

Sports Graphic Numberでは、6月4日発売の「Jリーグ歴代最強チームを探せ!」(仮)特集に向けて、読者のみなさんにとっての「史上最強クラブ」を問うアンケートを実施中です。NumberWebでも長年Jリーグを見続けてきた解説者、関係者、ライターが思う「J最強クラブ」をシリーズでお届けします。

 総得点57はリーグ最多、総失点27はリーグ最少。

 J1が18チーム制になった2005年以降、2シーズン制の'15年と'16年を除いて、最多得点と最少失点でリーグトップを記録したチームは史上初である。

 数字だけではない。

 初優勝を遂げた2017年の主力をベースに、攻守のコンビネーションに磨きをかけたチームが表現するサッカーは、芸術点をつけるとしても高いものがあった。

 もちろんサッカーに芸術点はないのだが、例えば連覇が近づいた第30節のヴィッセル神戸戦では、34本のパスをつないで崩し切る美しいゴールを披露。複数の選手がイメージを共有しながら技術を駆使して連動し、最後に大島僚太が仕上げた得点は、その年のJリーグ最優秀ゴール賞に輝いている。

 Jリーグベストイレブンには同一クラブから過去最多に並ぶ7人が選出され、MVPを家長昭博が初受賞した。

 平成最後のシーズンを連覇で締めくくった2018年の川崎フロンターレは、Jリーグの歴史に名を残すにふさわしい強さだったと言えるはずだ。

勝ち点差13を逆転し、同12差で連覇。

 とりわけ語っていきたいのが、シーズン後半に見せた強さである。

 シーズン前半は広島が独走状態となり、その勝ち点差は最大で13あった。しかし夏場以降にその差をみるみると縮めていくと、最終的には12の勝ち点差をつけて連覇を決めている。

 この時期にチームを取材していて感じた変化がある。

 それは、試合中はもちろんのこと、練習中での雰囲気を含め、チーム全体から伝わる余裕と落ち着きである。

 例えば、夏場の天王山となったサンフレッチェ広島戦(第23節)を控えた練習時のこと。その勝ち点差は9だった。台風により延期されていた湘南ベルマーレ戦が1試合未消化だったため、実質的には6~9ポイント差だが、首位との直接対決である以上、勝たなければ連覇が絶望的になりかねない。

 川崎からすれば、引き分けすらも許されない崖っぷちのシチュエーションだった。

【次ページ】 大一番を前にしても自然体だった。

1 2 3 4 5 NEXT
川崎フロンターレ
中村憲剛
小林悠
登里享平
鬼木達

Jリーグの前後のコラム

ページトップ