Number Do ExBACK NUMBER

箱根10区区間新の創価大・嶋津は、
「人生で”モブ”にはなりたくない」。 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byTakeshi Nishimoto

posted2020/05/25 07:00

箱根10区区間新の創価大・嶋津は、「人生で”モブ”にはなりたくない」。<Number Web> photograph by Takeshi Nishimoto

昨季、5000m、1万mの自己ベストを約25秒縮め、チームで最も成長したといわれた創価大の嶋津雄大。

家族以外で出会った同じ病気の仲間。

「同じ病気を持っている子が来るから体制は整っている。1人でも2人でも変わらないから来ないかって大学に言われたんです。それで見学をさせてもらったら、競技場のライトはLEDで、夜間でもすぐに照明がつくし、陸上部専用のトラックがあるからぶつかる心配もない。

 体育館には200m走れるコースもあるし、サッカーグラウンドには芝もあるし、寮にはトレッドミルもある。学校の周りは起伏があって、ロードで坂道練習もできる。今までは70mの廊下でしたから、雲泥の差です(笑)。

 僕、家族以外で、同じ病気を持っている人に初めて会ったんです。今までずっと1人で廊下を走っていたのが、2人で毎朝話しながら走っている、それだけで楽しくて、自然とペースが上がっているんですよね。境遇もすごく似ていて、永井は一番気の合うチームメイトですね」

「今年もこの勢いのまま行きたい」

 昨年、創価大学は陸上競技部監督に榎木和貴監督が就任。月間走行距離やタイムの設定、スマートウォッチの導入など、様々な改革が行われた。

「故障者もだんだん出なくなってきて、自分がホクレンディスタンスで14分3秒を出したり、米満先輩が八王子ロングディスタンスで28分30秒を出したりと、ベストタイムのオンパレードで。その勢いで箱根に臨めたのが、シード権獲得につながったと思っています。今年もこの勢いのまま行きたいと思っています」

 ブレイクした嶋津と、勢いに乗る創価大。コロナ騒動を克服した先にある箱根路では、新たなドラマが生まれそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6 7
創価大学
嶋津雄大

陸上の前後の記事

ページトップ