サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

“大黒様”に決められた劇的ゴール。
若き日の鄭大世が埼スタで見た悪夢。

posted2020/04/20 12:00

 
“大黒様”に決められた劇的ゴール。若き日の鄭大世が埼スタで見た悪夢。<Number Web> photograph by AFLO

2005年2月9日ドイツW杯アジア最終予選、日本vs.北朝鮮。大黒の劇的なゴールを鄭大世はスタンドで観ていた。

text by

キム・ミョンウ

キム・ミョンウKim Myung Wook

PROFILE

photograph by

AFLO

『Sports Graphic Number』創刊1000号を記念して、NumberWebでも「私にとっての1番」企画を掲載します。今回は2005年2月9日に行われたドイツW杯アジア最終予選、日本対北朝鮮の一戦をキム・ミョンウ氏に振り返ってもらいました。大黒の劇的ゴールをスタンドで見ていた選手とは?

「大黒様! 日本救ったロスタイム弾!」

 スポーツ新聞一面を飾ったこの大きな見出しが今も忘れられない。

 今から15年前の2005年2月9日、ドイツワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表対朝鮮民主主義人民共和国代表(以下、北朝鮮代表)の試合が、埼玉スタジアムで行われた。“ジーコジャパン”の最終予選初戦の相手は古豪・北朝鮮代表だった。

 北朝鮮が国際試合にあまり姿を見せないことから、その実力が未知数であること、謎めいていることで“ダークホース”と表現する記事が多く散見された。

 この頃から北朝鮮サッカー界にも徐々に変化が訪れてきており、当時の顔ぶれにはロシアのFCロストフなどでプレーしたホン・ヨンジョのほか、在日コリアンJリーガーの安英学(当時名古屋グランパスエイト)と李漢宰(当時サンフレッチェ広島)がメンバー入りしたことで、それなりに力はあったはずだ。

 同じ在日である筆者も、特に安英学と李漢宰の2人には活躍を期待せずにはいられなかった。

北朝鮮の希望を打ち破った大黒投入。

 だが、試合会場は北朝鮮にとって完全アウェイの埼玉スタジアム。その雰囲気に飲まれるかのように北朝鮮は開始早々の前半4分にMF小笠原満男に直接FKを決められた。

 当時のFIFAランキングでは日本19位、北朝鮮97位。実力通りの結果になりそうな気配を感じつつ、「そう簡単に日本には勝てないか……」と思っていた。

 だが、戦況は一変する。

 北朝鮮は球際の激しさ、豊富な運動量で日本に追加点を許さない。それどころか、決定的なチャンスを幾度か演出し、日本ゴールを脅かす。

「これはもしかして……」

 予感めいた閃きは現実となった。

 61分、左サイドからDFナム・ソンチョルが左足を振り抜いて同点ゴールを決める。日本に在住する在日コリアンの大応援団が歓喜に沸く。記者席すらも完全アウェイの中、筆者は周りの空気を読めずに立ち上がって喜んでしまった。

 1-1の同点のあと、ベンチに座るジーコ監督には焦りが見え始めていた。途中からFW高原直泰、MF中村俊輔をピッチに投入するも、ゴールを奪えない時間が続く。

 残り約10分。ここでジーコ監督は最後の切り札を使う。投入されたのは、FW大黒将志だった。

【次ページ】 映画のワンシーンのような幕切れ。

1 2 3 4 NEXT
大黒将志
安英学
李漢宰
鄭大世
李栄直
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ