サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

“大黒様”に決められた劇的ゴール。
若き日の鄭大世が埼スタで見た悪夢。 

text by

キム・ミョンウ

キム・ミョンウKim Myung Wook

PROFILE

photograph byAFLO

posted2020/04/20 12:00

“大黒様”に決められた劇的ゴール。若き日の鄭大世が埼スタで見た悪夢。<Number Web> photograph by AFLO

2005年2月9日ドイツW杯アジア最終予選、日本vs.北朝鮮。大黒の劇的なゴールを鄭大世はスタンドで観ていた。

再び埼スタで味わった悪夢。

 Jリーグで実績を重ね、W杯出場を経験。目標であった欧州移籍も実現した。

 そして2011年9月2日、大きく成長した“大学生”はあの埼玉スタジアムに戻ってきた。

 舞台はブラジルW杯アジア3次予選。東アジア選手権とは違い、真剣勝負だ。

 そこには安英学や梁勇基、さらに日本代表には同じ在日コリアンである李忠成の姿もあった。選んだ道は違えども、こうしてW杯出場を争う舞台に立つ彼らを見ると、北朝鮮サッカー界の歴史的なシーンに立ち会っている気がしてならなかった。

 試合は2005年と同じように緊迫した展開が続き、0-0で迎えた後半アディショナルタイム。悪夢の再来を振り払うように、何度も決定機をしのいだ。しかし、最後の最後でDF吉田麻也の強烈なヘディングシュートが決まり、北朝鮮はまたしても散った。埼玉スタジアムでの日本戦が、良くも悪くも忘れられない所以なのである。

 この時すでにベンチに下がっていた鄭大世は、歓喜に沸く日本代表の面々を悔しそうな表情で見つめていた。

 '05年のリベンジとはならなかったが、日本で生まれ、朝鮮学校で育ったサッカー小僧が、Jリーグで力をつけて北朝鮮代表入りし、日本の地で日本代表と戦った。それも舞台はW杯出場をかけた“本気”の戦いの場――。スタンドにはかつての鄭大世のように「自分もこんな舞台に立ちたい」と目を輝かせ、試合を観戦した在日コリアンのサッカー少年少女が数多くいたに違いない。

2005年の敗戦はターニングポイント。

 日本では1993年の“ドーハの悲劇”のあと、'98年フランスW杯に初出場を果たしたが、北朝鮮にとっては2005年の日本戦での敗戦もまた、1つのターニングポイントだったと思っている。

 現在は在日コリアンJリーガーの中では、先輩たちの背中を見て育ったFC琉球の李栄直が北朝鮮代表としてプレーしている。彼もまた「在日の後輩たちに夢を与えられる存在になりたい」とエールを送る。

 先人たちが築いてきたレールと大きな夢は、こうして今も紡がれている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大黒将志
安英学
李漢宰
鄭大世
李栄直
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ