Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<勝負強さの秘密に迫る>
本田圭佑「俺のシミュレーション、なめるなよ」

posted2020/04/20 08:00

 
<勝負強さの秘密に迫る>本田圭佑「俺のシミュレーション、なめるなよ」<Number Web> photograph by Kazuhito Yamada

3月15日の州選手権でブラジルデビューし、ボタフォゴの中軸として躍動。30分にはPKを決めた。

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph by

Kazuhito Yamada

新天地をブラジルに定めた本田は、またしてもデビュー戦でゴールを決めた。重圧に結果で応える男はいまも健在――。W杯の舞台で4得点を叩き込むまでの準備過程を振り返りながら、衰えない勝負強さの深淵をのぞく。(Number1001号掲載)

 本田圭佑は怒っていた。怒りがマグマのように沸き立ち、逆立った金髪から熱風が吹き出ているかのようだった。

 2016年11月、W杯最終予選第5戦・日本対サウジアラビア戦翌日。本田はロシアW杯に向けた最終予選で初めてスタメン落ちし、後半から7歳下の久保裕也に代わってピッチに立ったものの、メディアは「世代交代の始まり」と書き立てた。

 本田の時代は終わった――そんな論調に対して、本田は真っ向から反論した。

「自分の言葉が日本サッカー界のためになればと思って、自分がしゃべりたい・しゃべりたくないというのとは別にメディア対応をしてきた。その意図が理解されていないというのは、なんやろうな、お金を貸しているのに、向こうは借りていると思っていない、という感覚に近い」

――不当な批判だと感じた?

「いや、パフォーマンスが良くないことは認めるんですよ。それは自分自身がわかっているし、自分に腹が立っている。それを挽回したるというだけの話。今自分が取り組んでいる練習の詳細を見てほしいという議論をしたいんじゃなくて、誰が見てもわかるところにもう1回戻ったるということ。行きますよマジで。全部を高確率で、成功モデルにパッケージで持って行きます」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3219文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

本田圭佑
ボタフォゴ
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ