フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

プルシェンコに憧れ、佐藤駿に伝える。
羽生結弦、スケートへの感謝と継承。

posted2020/04/14 11:40

 
プルシェンコに憧れ、佐藤駿に伝える。羽生結弦、スケートへの感謝と継承。<Number Web> photograph by KYODO

自らが企画したアイスショーのオープニングで笑顔を見せる羽生結弦(右)とプルシェンコ。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

KYODO

 憧れる存在があることは大きい。

 あらためてそう感じたのは、昨シーズンのある光景を思い起こしてのことだ。

 2019年12月下旬に行われたフィギュアスケートの全日本選手権。試合を前に選手が一堂に会し、開会式と滑走順の抽選が行なわれた。

 多くの選手が待機する中、羽生結弦が現れると、目を輝かせるように視線を向けたのは佐藤駿だった。

 昨シーズン、ジュニアグランプリファイナルで金メダルを獲得するなど、次代を嘱望される1人である。

羽生も憧れを胸に競技人生を歩んできた。

 もともと仙台でフィギュアスケートを始めた佐藤にとって、同じクラブにいた羽生は、憧れであり、手本とする存在だった。

「何度も、繰り返して(映像を)観て勉強しました」

 佐藤自身、羽生のジャンプをはじめ演技を観て学んだことを明かしている。その背中を追い、自身の成長を志してきた。

 佐藤が追いかける羽生もまた、憧れを胸に、競技人生を歩んできた。

 エフゲニー・プルシェンコ、そしてジョニー・ウィアーである。

 プルシェンコは2006年のトリノ五輪で金メダル、2002年のソルトレイクシティおよび2010年のバンクーバー五輪では銀メダルを獲得するなど、フィギュアスケートの歴史に名を残すスケーターである。

 ウィアーはオリンピックのメダルこそないものの、際立った表現をたしかな存在感とともに語られるスケーターだ。

【次ページ】「感謝の気持ち込めて凱旋報告いたします」

1 2 3 NEXT
羽生結弦
佐藤駿
エフゲニー・プルシェンコ
ジョニー・ウィアー

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ