フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

浅田真央、引退発表から3年──。
今こそ笑顔と言葉の意味を再考する。

posted2020/04/10 11:50

 
浅田真央、引退発表から3年──。今こそ笑顔と言葉の意味を再考する。<Number Web> photograph by AP/AFLO

ブログで引退を発表してから2日後、記者会見を開いた浅田真央。晴れやかな笑顔を見せていた。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AP/AFLO

 その夜、自身のブログに記した言葉は、瞬く間に広がり、メディアでも報じられた。

「ご報告致します。

 突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」

 2017年4月10日、浅田は競技生活から退くことを明らかにした。それを受けて、号外を出す新聞社もあった。

 記者会見は翌々日の12日に開かれた。

 東京都内の会場には、予定開始時刻の1時間前から大勢の記者やカメラなど取材者が詰めかけた。海外の記者も含め、最終的には約430人に上った。

「もういいんじゃないかなと思いました」

「本日はお忙しい中、お集まりいただき、ありがとうございます。私、浅田真央は選手生活を終える決断をいたしました。

 長い選手生活でしたがたくさんの山がありました。でもその山を乗り越えてこられたのも、たくさんのファンの方の応援があったからだと思います」

 第一声の挨拶とともに始まった会見で、引退を決めたきっかけについて尋ねられると、こう答えた。

「(2014年のソチ五輪後、1年間の休養を挟んだあと)復帰してから、いい形でスタートできました。でも、そこから試合に出るにつれて『今のスケート界についていけるのかな』という思いが強くなったり、体の部分で復帰前よりも少し辛い部分が多くなりました。

 なんとか1シーズンは乗り切れたのですが、2シーズン目からは『なんとか、なんとか頑張ろう』という気持ちでやってきました。でも最後の全日本選手権を終えて、もういいんじゃないかなと思いました」

【次ページ】「何も、悔いはありません」

1 2 3 NEXT
浅田真央

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ