プロ野球亭日乗BACK NUMBER

ヤンキース本拠地デビュー、満塁弾。
松井秀喜、4月8日の知られざるツキ。

posted2020/04/08 20:00

 
ヤンキース本拠地デビュー、満塁弾。松井秀喜、4月8日の知られざるツキ。<Number Web> photograph by Al Bello/Getty Images

2003年4月8日、季節外れの極寒のなか、松井秀喜はヤンキース史上初となる本拠地デビュー戦での満塁ホームランを放った。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Al Bello/Getty Images

 4月8日には野球記者として特別な思いがある。

 これまで何千本というホームランを見てきたが、その中でも3指に入る……いや、ひょっとしたら一番、興奮したかもしれない1本を見たのが、この4月8日なのである。

 2003年。舞台はニューヨークのブロンクスにあった旧ヤンキースタジアム。

 そこでこの年、巨人からニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井秀喜外野手が記録した、ヤンキースのルーキー史上初の本拠地開幕戦での満塁本塁打という一発だった。

ニューヨークは異常寒波による大雪。

 この年のヤンキースは3月31日にトロントでシーズンを開幕。

 トロント・ブルージェイズを相手にした開幕戦に「5番・レフト」で先発した松井は、メジャー初打席となる初回にレフト前にタイムリーヒットを放って初打席、初安打、初打点を記録した。

 打った相手はその後に松井が「メジャーで最も手強いと感じた投手」と言ったロイ・ハラデー(2017年に自家用飛行機の墜落事故で死亡)だった。

 そしてこのトロントでの開幕シリーズ3試合を終えると、今度はフロリダのタンパでデビルレイズとの3試合を行う。

 ただこの3試合を終えた4月6日にとんだアクシデントが起こったのである。

 タンパでの3戦目を終えて本拠地のあるニューヨークに戻った翌7日からは、ミネソタ・ツインズを迎えて本拠地開幕シリーズが始まる予定だった。

 しかしこのときニューヨークが異常寒波による大雪に見舞われて、結果的には7日のホームオープナーゲームは順延となってしまった。そうして改めて仕切り直しとなったのが、翌8日のこの試合だったのである。

【次ページ】 バーニー・ウイリアムスが敬遠されて……。

1 2 3 4 NEXT
松井秀喜
バーニー・ウイリアムス
ニューヨーク・ヤンキース
ロイ・ハラデー
トロント・ブルージェイズ
ミネソタ・ツインズ

MLBの前後のコラム

ページトップ