マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2020年ドラフトを1人で予想2/3。
広島は大砲、阪神はバッテリー重視。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/04/14 08:00

2020年ドラフトを1人で予想2/3。広島は大砲、阪神はバッテリー重視。<Number Web> photograph by Kyodo News

苫小牧駒大の伊藤大海は2020年ドラフトの目玉の1人。MAX155kmは伊達ではない。

昨年の佐々木朗希を主軸として。

〔千葉ロッテマリーンズ 2020年ひとりドラフト指名選手〕
外れ 投手 早川隆久(早稲田大) 180cm76kg 左投左打
1位 投手 木澤尚文(慶應義塾大) 183cm78kg 右投右打  
2位 投手 山本晃希(かずさマジック) 183cm92kg 右投右打 24歳
3位 投手 佐々木健(NTT東日本) 179cm85kg 左投左打 24歳

〔総評〕
 昨年のドラフトで、超大器・佐々木朗希投手を獲得して、近未来の「投」の主軸は見えかけてきた千葉ロッテだが、まだまだ層は厚いとはいえない台所事情。佐々木朗希以外は、大学生野手3人に高校生投手1人だった「2019ドラフト」。そこを今回は、大学・社会人の投手で埋めようと考えた。

 早稲田大の2年先輩・小島和哉が昨季3勝。ちらっと頭をもたげてきたところで、同じサウスポーの後輩・早川隆久の獲得で小島への刺激もさらにワンプッシュと試みたが“くじ運”は味方せず、一転、東京六大学のライバル・木澤尚文の名前を挙げた。

 2年生の途中までは、右ヒジの故障でブランクがあったが、この1年の急激な台頭は目を見張る。150キロ近いスピードを投げられるパワー、ホームベース上でのボールの強さがすばらしい。四隅に投げられる細かいコントロールより、ストライクゾーンで球威勝負に持ち込めるタイプ。大学生でも、「未完の大器」の表現がふさわしい。

杉内俊哉っぽい、NTT東日本の佐々木。

 そして2位にも、速球の破壊力で勝負する山本晃希を続いた。

 高校から4年で「エース格」に台頭した種市篤暉に佐々木朗希、そして、このパワーピッチャー2人。右腕には打者を圧倒できる快速球、剛速球が不可欠。そんな方向性が見えるような、なんとなく暗示的な人選だ。

 1位で早川隆久を逃した「左腕」の枠には、3位で社会人の成長株・佐々木健。富士大当時、「阪神2位」でプロに進んだ2年先輩の小野泰己より、個人的にはこちらの速球の生命力が気になってしかたない。

 運動量抜群の投球フォームから豪快に投げ下ろしてくる威圧感。テークバックがフワッとしている日は、指にかかった快速球が140キロ代後半を立て続けにマークし、スライダーも空振りを奪える角度できまる。

 そんなに大型ではないが、リリースの一瞬に全身のパワーを集められる才能を感じる。
「杉内俊哉」が重なると言ったら、本人、照れるのだろうか。いやいや、立派にその”線”に乗っている。

【次ページ】 抑えと捕手も獲得ポイント。

BACK 1 2 3 4 NEXT
佐藤輝明
木澤尚文
伊藤大海
栗林良吏

プロ野球の前後の記事

ページトップ