マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2020年ドラフトを1人で予想2/3。
広島は大砲、阪神はバッテリー重視。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/04/14 08:00

2020年ドラフトを1人で予想2/3。広島は大砲、阪神はバッテリー重視。<Number Web> photograph by Kyodo News

苫小牧駒大の伊藤大海は2020年ドラフトの目玉の1人。MAX155kmは伊達ではない。

■阪神はどう考えても先発が足りない。

〔阪神タイガース 2020年ひとりドラフト指名選手〕
1位 投手 伊藤大海(苫小牧駒大) 176cm82kg 右投左打
2位 投手 有村大誠(立命館大) 185cm88kg 右投右打
3位 捕手 牧原巧汰(日大藤沢高) 174cm78kg 右投左打

〔総評〕
 1位・伊藤大海、ズバッときまって、よかった。

 エースが西勇輝だとして、その後に昨季9勝の青柳晃洋で、そこから先が高橋遥人なのか、秋山拓巳なのか……。猛虎タイガース、どう考えても先発ローテーションが2人も3人も足りない。

 伊藤は使えるor使えないというレベルではなく、シーズンの頭から使ってしまえば必ず働ける男だ。

 150キロ前後は当たり前。加えて140キロに達するスライダーにフォーク。速球と区別のつきにくい高速の変化で勝負できるから、手に負えない。

 あとは“緩”だ。速球に近い腕の振りからカーブを投げられたら、いきなり15勝もあっておかしくない。

抑えと捕手も獲得ポイント。

 近未来の先発の星が伊藤大海なら、抑えを受け持つ大型右腕が2位・有村大誠だ。

 熊本・秀岳館高当時は、1つ下に田浦文丸(現・ソフトバンク)や川端健斗(現・立教大)がいて目立たなかったが、大学では2年秋のリーグ戦で防御率1位。3年時にはリリーフの切り札として奮投し、先発・抑えどちらもこなせる可能性を立証してみせた。

 投手とともに猛虎復活のカギを握るのは、意外と「捕手」というポジションではないか。昨年と一昨年、梅野隆太郎がレギュラーマスクを獲得したかに見えるが、果たして、次期レギュラーマスクは誰なのか。

 今季入団の藤田健斗(中京学院大中京高)は守備ワークに好センスを見せるが、バッティングがやや心細い。

 そこで、第2の「森友哉」に目が止まった。

 牧原巧汰のスイングスピードと長打力、さらに抜群のスローイング精度とそのスピード。捕手としての資質は、西武・森友哉捕手に匹敵すると見ている。

 特に「捕手」に人材が少ない「2020ドラフト」。実際には、もっと速い順位での指名も十分考えられる。現時点で全国的には無名の存在でも、持ち合わせている素質はプロでレギュラーが張れる逸材。

 例年、ドラフト指名についてとやかく言われがちな阪神だが、こんな3人が取れたらちょっと胸を張れるのではないだろうか。

【次ページ】 昨年の1位・2位が成功した楽天は。

BACK 1 2 3 4 NEXT
佐藤輝明
木澤尚文
伊藤大海
栗林良吏

プロ野球の前後の記事

ページトップ