マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2020年ドラフトを1人で予想2/3。
広島は大砲、阪神はバッテリー重視。

posted2020/04/14 08:00

 
2020年ドラフトを1人で予想2/3。広島は大砲、阪神はバッテリー重視。<Number Web> photograph by Kyodo News

苫小牧駒大の伊藤大海は2020年ドラフトの目玉の1人。MAX155kmは伊達ではない。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「2020ひとりドラフト」の第2回目は、指名順5番目から8番目までの4球団で、広島東洋カープ、千葉ロッテマリーンズ、阪神タイガース、東北楽天ゴールデンイーグルス。

 各球団、どのような構想でどんな選手の名前を挙げてくるのだろうか。

 我ながら、意外な波乱に驚く指名となった。

〔広島東洋カープ 2020年ひとりドラフト指名選手〕
1位 三塁手 佐藤輝明(近畿大) 186cm92kg 右投左打
2位 外野手 井上朋也(花咲徳栄高) 181cm85kg 右投右打
3位 投手 高野脩汰(関西大) 181cm70kg 左投左打

〔総評〕
 田中広輔、菊池涼介、西川龍馬、野間峻祥、小園海斗にルーキー・宇草孔基……俊足・好打で脇を固めるメンバーは揃っている。

 一方で、そんな機動力に優れた選手たちを、塁上から一掃できる「長距離砲」はというと、4番鈴木誠也だけというのが実情だろう。

 現実に球団としても、すでに「和製大砲」を今季最大のターゲットに設定。来季と近未来のクリーンアップの充実を図る。

 左の長距離砲・佐藤輝明(近畿大)の交渉権をオリックスと競って獲得したのは、このひとりドラフト最大のハイライトに違いない。

 近畿大なので「糸井2世」という報道をされているが、長距離砲としての本質は「ソフトバンク・柳田悠岐」だろう。ボールを強烈にひっぱたき、打球を持ち上げて、はるか遠くへ飛ばせる本物の「スラッガー」だ。

 一方で、昨年暮れの学生ジャパンの候補合宿で、三塁を守って器用そうな身のこなしと柔らかいグラブさばきを見せてくれて驚いた。それまでは外野手としてしか見ていなかったが、50m6秒そこそこで走れるバネも含めて、打つだけの“一発屋”では決してない。  
 赤ヘルスター・新井貴浩が勇退し、デカイ日本人選手が見当たらなくなったカープに、また新たな「スター誕生」を期待したい。

2020年ドラフトは野手が手薄。

「左の大砲」の後は、右の大砲だ。

 2位に、高校球界を代表する長距離砲・井上朋也を持ってきた。

「2020ドラフト」を鳥瞰してみると、どうやら明確な「投高打低」のようだ。そんな走・守もプロレベルに近い長距離砲は何人もいない状況だけに、「高校生外野手」を2位指名という異例の展開になった。

 今ドラフトで、最初に指名された高校生野手。単に長打力があるだけじゃない。ここ一番の場面で持てる実力をそのまま発揮できる勝負強さ……いや、「集中力」と言ったほうが当たっている。

 プロの一軍選手に最も必要な資質、「実戦力」を持った長距離砲だ。

 頭の2人で今年のテーマは満たした。

 あとは昨季7勝の左腕・床田寛樹がちょっとはっきりしない不安を補うべく、3位で高野脩汰を押さえたカープ。

 打者との駆け引きができて、完投のできる心身のスタミナと長続きするコントロール。僅少差で勝てる投球を、リーグ戦で何度も見せてくれている。

 学生時代の比較なら、間違いなく床田以上のレベルに達しているサウスポーだ。

【次ページ】 昨年の佐々木朗希を主軸として。

1 2 3 4 NEXT
佐藤輝明
木澤尚文
伊藤大海
栗林良吏

プロ野球の前後のコラム

ページトップ